映画・小説の舞台となった料亭 得月楼で、土佐料理を味わう / 高知 高知市 1870年創業 (明治3年)

高知県の県庁所在地である高知市は、江戸時代には山内一豊以来の山内家が治めた土佐藩の城下町として発展し、初期には野中兼山や末期には吉田東洋などの名家老を、幕末には藩主・山内豊信(容堂)や坂本龍馬・武市半平太・中岡慎太郎等の幕末の志士を、明治には板垣退助・後藤象二郎等の政治家を輩出。地名は、現・高知市の川に挟まれた地の城が、河中山城(こうちやましろ)から高智山城を経て高知城と呼ばれるようななったことが由来とされています。幕末から明治期の志士・政治家等の生誕地・旧宅跡等の観光名所が数多く存在し、全国に波及した毎年8月開催のよさこい祭りは一大イベントとなっています。鰹節・清酒などの特産品や、皿鉢料理・鰹土佐造り・鰹たたき・うつぼ料理・堅干(けんぴ)等の郷土料理・菓子も多く、県内には老舗の飲食店・和洋菓子店・食品店などが多数点在しています。

1870年創業、宮尾登美子作 陽暉楼の舞台となった料亭 得月楼

高知駅から徒歩10分、はりまや橋バスターミナルから徒歩1分ほどの場所にある 得月楼。1870年(明治3年)に陽暉楼として創業されました。初代店主である松岡寅八氏は、会席料理の導入や文化的な事業に着手し、大墨画会の開催等も行い、毎夜1000人を超えるお客様を迎えたそう。現在の名称 得月楼となったのは、1878年(明治11年)のこと。中秋の名月の日に、元土佐藩士の谷干城将軍の帰国祝として観月会を開催。その際に将軍から近水楼台先得月、向陽花木易為春」という漢詩から字を取り「得月楼」と命名されたそうです。
という歴史ある老舗料亭で、少し敷居が高いお店でありますが予約すれば入ることが出来ます。お座敷遊びもできるそうですよ。

という、得月楼さんの外観。大通りに面した場所に、急に存在感ある建物が出てきてビックリします。 正面からの写真。ザ・ニッポンって感じで超素敵。

門を入ってすぐの場所に玄関があります。この素敵な雰囲気、皆さんに味わってもらいたいw。
中に入りました。「お二階の大広間も見学いただけますよ」と言われ、せっかくなので見に行かせて頂きます。この大広間の迫力凄い!!!別角度から。こんな立派な場所で宴会を開ける大人になれる日は来るのか。 戻りまして1F。横に長い絵が飾られていました。次の写真で左端をアップにしていますが、明治15年頃の得月楼さんの絵だそう。ゲームならラスボスのいる城レベルの大きさです。毎夜1000人迎えたという意味がようやく理解できた。 上部の写真の左端です。このころの絵が残してあることが、また凄いですよね。
そして席に案内頂きます。素敵な日本庭園もあります。こちらが今回のお部屋。一人でこんなお部屋使わせて頂けるなんて感激ですね。 今回はお昼の土佐会席料理コースを予約。お昼だと6600円です。良いお値段だけれど、この得難い経験のためならたまの贅沢として許容範囲かと。

お料理が出てくるまでカタログを読み込みます。昭和初期の花柳界を描き、映画・小説となった宮尾登美子作 陽暉楼の舞台がこの得月楼さんです。

歴史も詳しく説明されています。こういうの読むと、ご飯が一層美味しくなりますよね。と、歴史を読みつつ待っていたら、先付と前菜がやってきました。こちらが先付の酒盗。これぞ土佐の味ですよね!このしょっぱさ癖になる。 そして前菜です。山独活酢味噌和え、阿多福豆塩茹で、バイ貝の柔らか煮等々、海と山との合作で土佐を堪能できます。

吸物も出てきました。清汁仕立て=一番だしと塩と醤油で仕立てた吸物だそう。爽やか!

そして向付のお刺身。烏賊の鹿の子造り、めちゃんこ柔らかくって美味い。鮪は金粉乗ってますが、梅花造りというそうです。

そしてフォアグラの茶わん蒸し。フォアグラと茶わん蒸しってめっちゃ合うのね。 そして、鰆西京二味焼。メレンゲが乗って食感がとても良い。盛り付けの美しさに感動し別カットでw。 そして高知にやって来たら!の、鰹の藁焼きのたたきです。生にんにくと合わせて食べるの最高っすね。

ご飯は、つがに汁と共に。つがに=モクズガニとも呼ばれる小さなカニで、この蟹を石臼やミキサーで粉砕し、それを出汁にした味噌汁なのです。 せっかくなので、つがに汁のアップ。具材は茄子でした。濃い目の蟹の味がして美味しかったです。
デザートに、これも高知っぽく土佐文旦とイチゴで。うむ、最初から最後まで土佐っぽくって最高でした。

帰り際にこんなお土産コーナーも発見。気に入ったら酒盗も買って帰れますよ。

老舗巡りをして、一つの楽しみ方を発見できたのは、「各地にある老舗料亭でご飯を食べる」ことの最高さです。特にランチタイムは少しお得なお値段だったりするので尚最高であります。今回の高知なら今回の得月楼さん、横浜なら1863年創業の田中家さん秋田なら1876年創業の志田屋さん島根なら松江の1901年創業の魚一 蓬莱吉日庵さん三重なら桑名の1901年創業の魚重楼さんと、各地に最高なお店が沢山あります。日本全国の料亭、もっともっと巡りたいなぁ。

——- 得月楼 基本情報———-
〇創業年 1870年創業 / 明治3年創業
〇営業時間
・11:00~14:00
・17:00~22:00
※不定休
〇住所
高知県高知市南はりまや町1丁目17番3号
(公式サイト)⇒ 高知で和食 皿鉢料理を楽しめる料亭|得月楼本店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です