めし友グランプリ受賞、上町池澤本店の土佐の赤かつお、美味しかった! / 高知 高知市 1868年創業 (明治初年)

高知県の県庁所在地である高知市は、江戸時代には山内一豊以来の山内家が治めた土佐藩の城下町として発展し、初期には野中兼山や末期には吉田東洋などの名家老を、幕末には藩主・山内豊信(容堂)や坂本龍馬・武市半平太・中岡慎太郎等の幕末の志士を、明治には板垣退助・後藤象二郎等の政治家を輩出。地名は、現・高知市の川に挟まれた地の城が、河中山城(こうちやましろ)から高智山城を経て高知城と呼ばれるようななったことが由来とされています。幕末から明治期の志士・政治家等の生誕地・旧宅跡等の観光名所が数多く存在し、全国に波及した毎年8月開催のよさこい祭りは一大イベントとなっています。鰹節・清酒などの特産品や、皿鉢料理・鰹土佐造り・鰹たたき・うつぼ料理・堅干(けんぴ)等の郷土料理・菓子も多く、県内には老舗の飲食店・和洋菓子店・食品店などが多数点在しています。

1868年創業、アップデートを続ける魚屋 上町池澤本店

上町4丁目駅から徒歩2分、高知駅から車で10分ほどの場所にある 上町池澤本店。1868年(明治初年)に創業された同店は、「かつおのたたきわら焼き体験」や「魚を選んで食べられる食堂」、「通販商品の開発」であったりと、新しい取り組みを続けている魚屋さんです。ミッションも素敵で、

「将来の夢は魚屋さん」と子供たちに言われるような
かっこいい魚屋であり続ける

と書かれています。そんな魚屋を体現されているお店ですよね。ちなみに池澤さんの現代表は、池澤秀郎さんなので、屋号はお名前からきているのでしょうか。

という、上町池澤本店さんの外観です。遠くから見ると普通の魚屋さんに見えますよ。

近寄ってみました。珍しい取り組みの一つ、食堂の看板が出ています。数年前から毎週木金土のみ食堂も営業されはじめまたそう。定番のメニューもありますが、1Fのお魚さんでお魚を選び、好きな調理法(塩焼き、フライ等)を指定して食べることもできるんです。なんだ、最高か(残念ながら今回は別のお店を予約していたので泣く泣くパス…)。 こちら店頭の様子。目移りするほど沢山の魚たち。次々とお客さんがやってきて、購入していってました。いいなぁ。 そして上町池澤本店さんといえば、こちら「土佐の赤カツオ」が有名です。少し前の話になりますが、2011年のTBSテレビ「めし友グランプリ」で日本一になったごはんの友なのです。赤=にんにく、青=青さのり、黄=ゆずの3種類あります。

今回は1番売れているという、土佐の赤かつお にんにく味を購入してきました。 こんな感じのフレーク状の食べ物です。にんにく味は少しピリ辛仕立てのガーリック味で、ご飯にかけて食べると超美味い!今回はみんなで食べたので一瞬でなくなったのですが、マヨネーズと合わせて、ツナマヨっぽくするのも良さげ。

上町 池澤本店さん、事前情報のインプットが土佐の赤かつおだけ、だったので、このカツオフレークを買いに行ったのですが、食堂もかなりそそられました。魚屋さん直営で、そのままさばいてもらって食べられるとか絶対に最高だよなぁ。こんど高知入りすることがあれば、上町食堂でランチ食べたい!!

↓土佐の赤かつおは楽天等でも購入できますよ。

——- 上町池澤本店 基本情報———-
〇創業年 1868年創業 / 明治初年創業
〇営業時間
・6:00~18:30
※日曜日 定休日
〇住所
高知県高知市上町4-3-11
(公式サイト)⇒ 高知の魚屋 上町池澤本店

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です