どこか老舗でランチしましょうよ、と言われたら。大阪屋 砂場編 / 東京 虎ノ門 創業1872年

老舗を食べ歩いていると、「どこか連れて行って下さいよ」と言われることがたまにあります。今まではずっと断っていたのですが、少しずつ要望に応えることにしました。記念すべき第一回は…。

登録有形文化財の虎ノ門のお蕎麦屋さん大阪屋 砂場

今回はランチのお誘いでした。ランチのお誘いだと相手の行き先に大きく左右されるわけです。で、今回は私と相手の中間地点で東京・新橋辺りで探すこととなりました。

そこで私から提案したのはこの3つです(結局全部新橋となったw)。
1885年創業 むさしや (ナポリタン)
1909年創業 末げん (鶏料理)
1872年創業 大阪屋 砂場 (蕎麦)

3つ提案差し上げたところ、砂場さんを選択されましたので、砂場さんへ伺ってきました。老舗食堂では2度目の訪問となります。

登録有形文化財となっている雰囲気のある建物。

暑い日が続く今日この頃なので、シンプルに天ざるを。季節限定の白エビのかき揚げ天をチョイス。

サクッとしたかき揚げの揚がり具合が、夏でも食べやすく助かります。

大阪屋砂場、の砂場の意味は、江戸蕎麦のれん御三家、「砂場」、「藪」、「更科」の、あの「砂場」で、大阪にルーツを持ち、江戸蕎麦の中で最も歴史の古い蕎麦屋の一つとなります。今度は別の砂場とも比較してみたいですね。

前回の記事はこちら ⇒ 東京 大坂屋 砂場 本店(創業1872年)

———-大坂屋 砂場 本店 基本情報———-
・創業年
・1872年(明治5年)
・営業時間
【月~金・日・祝・祝前】11:00〜20:00
【土】11:00〜15:00
・住所
・東京都港区虎ノ門1-10-6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です