能登治でお蕎麦とアナゴ天ぷら / 東京 新橋 寛政年間(1854-1860)創業

新橋はランチ老舗するのに中々惑わされる街です。大好きな「むさし」に行くべきか、それとも「末げん」でかま丼食べるか、それとも少し歩いて「大阪屋 砂場」まで行こうか、と悩むんです。が、ここは新しいチャレンジするぞ!ということで、探し当てたのが能登治さんです。

寛政年間創業のお蕎麦屋さん 能登治(のとじ)

能登治(のとじ)さんは、寛政年間(1854-1860)に赤坂で創業された、と伝えられているそうです。今の場所へは二代目のご主人が明治16年にこの場所に移されたそうです(自社ウェブサイトに記載があります)。

中々趣のある店舗外観です。

先ほどのウェブサイトの内容は、メニューの最初のページにも載っています。

能登治(のとじ)さんのお蕎麦の拘りは大きく分けて2つ。
そば粉、小麦粉共に100%北海道産で作っていること、そしてそば粉を石臼ではなく杵で挽いて粉にされている点です。

今回はアナゴ天とお蕎麦をオーダーしました。先に拘りを読んだために味が補正されている可能性はありますが、香りがたっていて凄く美味しい!

せっかくなので蕎麦をアップで。

アナゴ天もついでにw

新橋で蕎麦の気分になれば100%「大阪屋 砂場」さんに伺う感じだったのですが、能登治さんも選択肢として急浮上しました。夜、日本酒と共に楽しむのも凄く良さそうです!

 

———-能登治 基本情報———-
〇創業年 寛政年間(1854-1860)創業
〇営業時間
営業時間/午前11時から午後8時まで(土・祝祭日 午後3時まで)
定休日/日曜日
〇住所
東京都港区新橋3-7-5
(公式サイト)⇒ 芝新橋-おそば-能登治

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です