東京 新橋 末げん(1909年創業)

東京は新橋。今回訪れたのは新橋のランドマーク、SL広場からほど近くにある”末げん”。
新橋周辺のランチ・ディナーシーンを語る上では欠かすことのできない老舗中の老舗です。

-明治時代の華の新橋。鉄道馬車の玄関口で産声を上げた華の料理処

末げんは明治42年創業。文明開化真っ只中に産声を上げました。

IMG_5074
(創業当時は黒堀に囲われた建物だったそうですが、1997年に現在の建物にリニューアルされました)

創業者である丸源一郎氏が、名鳥料理の名店“日本橋末廣”で下積みを重ね、新橋に末げんを創業します。
カンの鋭い方はお気づきかもしれませんが、名前の由来も日本橋末廣から。
末廣の「末」と創業者の丸源一郎の名前の一部からとって“末げん”としたそう。
現在の新橋はみなさんご存じの通り、ビジネスビルが多く立ち並んだサラリーマンの聖地。当時の新橋は、新橋から横浜を結んだ鉄道馬車の出発駅で、華々しい未来に向かって賑わいを見せている地域だったのです。創業時から、新橋という街の移り変わりを見守りつつ、人々の食欲を満たしています。

創業当初から礼儀作法に大変厳しいことで有名だったそうで、特に明治時代や昭和初期の頃には、末げんで働くことは花嫁修業や料理人修行としては最高のステータスだったそうです。

-座席争奪戦!ランチタイムオープン時はちょっとした闘いに!-

末げんはランチタイムオープン前から行列ができることでお馴染み。
最初に店内に通されるグループに入るために、新橋付近で働くサラリーマンの方々は、フライング気味に昼休みを取る方達もいるとかいないとか。

IMG_5071
今回注文したのは、末げんの定番メニューのかま定食。
かま定食というと…焼き魚のこと?ブリかま?と思うかもしれませんが、いわゆる鶏ひき肉で作られた親子丼のことを指します。IMG_5072

写真からも伝わるかと思いますが、半熟でジュルっとした玉子ととろみのあるひき肉がご飯と絡みます。
しっかりと濃い味がついているのですが、薄口のお澄まし汁やお漬物との相性も抜群なのです。

 

-三島由紀夫、原敬、鳩山一郎…数々の著名人も愛した珠玉のかま定食-

原敬、鳩山一郎、六代目菊五郎、三島由紀夫など数々の政治家や著名人が馴染みの店として利用してきたと言われています。
特に三島由紀夫は、1970年11月24日の夜、自決前日に末げんで『最後の晩餐』をとったと言われています。こちらは報道番組や新聞紙等の当時の主要メディアで多く取り上げられました。
当時のスタッフが三島由紀夫氏に「またお越しください」と声をかけたところ、「あの世からまた来るかな。」と言葉を返したそう。そんな切ないエピソードも残されています。
また、三島由紀夫氏が交際していた女性と店内で初めて接吻を交わしたなども文献に残されているそうです。

くわえて、創業当時から歌舞伎や高級旅館などへのお弁当も提供していたこともあり、他にも様々な財界人や文化人に愛されているそうです。第52・53・54代内閣総理大臣である鳩山一郎氏もその一人。頻繁にお店に通われていたそうで、現在でも店内には、鳩山一郎氏が末げんのために腕をふるった敬天愛人の書が飾られています。

この様に末げんは、歴史情緒や逸話が特に多く残された老舗中の老舗。
夜はコース料理が主体になりますので、お一人や友人と気軽に訪れるならランチタイムがおすすめです。11:30からオープンですので、その前にはお店の前でスタンバイするのが良いかと思います。
初めての方は是非、迷わずにかま定食を注文してみてください。

———-末げん基本情報———-
・創業年
・明治42年(1909年)創業
・営業時間
11:30~13:30
17:00~22:00
ランチ営業
・住所
・東京都港区新橋2-15-7Sプラザ弥生ビル1F

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です