永坂更科 布屋太兵衛で、そば懐石 / 東京 麻布十番 1789年創業

オシャレな最新スポットと、古き良き老舗が同居する街 麻布十番。麻布十番には「更科」と名の付く同じ店をルーツに持つお蕎麦屋さんがあります。今回は永坂更科 布屋太兵衛にお伺いしました。
※この3店は複雑な経緯をお持ちで、どの店舗を掲載するか悩みましたが、このサイトでは3店とも掲載することとしました。3店の簡単な経緯はページ下部にまとめております。

1789年創業の 布屋太兵衛にルーツを持つ永坂更科 布屋太兵衛

麻布十番の商店街の名は程に、1789年創業の「信州更科蕎麦所 布屋太兵衛」にルーツを持つ、「永坂更科 布屋太兵衛」はあります。更科堀井さん、麻布永坂更科本店さんと同じルーツですが経営は別会社さんとなります(複雑な経緯は下部へ)。

麻布十番の中心地にある立派な店舗です。

今回は夜お伺いしました。せっかくなのでそば懐石を。オーダーしたのは「そば 松花堂 曙」。蕎麦、てんぷら、お寿司等々豪華なラインナップ。

そばつゆが、から汁とあま汁、の2種用意されます。食べなれているのはから汁ですが、あま汁も中々いけます。

蕎麦は2種類あります。こちらが御膳蕎麦。更科らしい白いあっさり目のお蕎麦で、蕎麦の繊細さが伝わる味。

そしてもう一種が生粉打ち蕎麦。蕎麦の素朴さと力強さが分かる味。

そしてそば饅頭も付いてきます。永坂更科 布屋太兵衛さんといえば、そば饅頭というイメージも強いですよね。

今回はそば懐石で、2種類の蕎麦、2種類のそば汁で、様々な蕎麦を楽しむことが出来ました。複雑な経緯を持つ麻布の3店の更科蕎麦屋さんですが、それぞれに楽しみ方があるなぁと思っています。布屋太兵衛さんにお伺いされるのであれば、こちらのそば懐石を頼んでいただいて、蕎麦を食べ比べてみることで、蕎麦の奥深さを知ることが出来るのでは、と思っています。

※「更科堀井」、「麻布永坂 更科本店」、「永坂更科 布屋太兵衛」の3店舗について。

3店舗ともに1789年(寛政元年)に創業した「信州更科蕎麦所 布屋太兵衛」をルーツに持つ店舗となります。「信州更科蕎麦所 布屋太兵衛」自体は1941年に廃業をしています。

【麻布永坂更科本店について】
・1948年に馬場氏が「永坂更科本店」開業。「信州更科蕎麦所 布屋太兵衛」のルーツを持つお店ではありませでしたが、創業家である七代目堀井松之助と「永坂更科」の商号の使用に関して合意を得て、七代目堀井松之助さん(現 更科堀井の7代目)を雇用されていたお店です。1950年に「麻布永坂更科本店」として商標登録出願。

【永坂更科 布屋太兵衛について】
・1949年に「麻布永坂更科 総本店」開業。堀井松之助(現 更科堀井七代目)、妻きん、麻布十番商店街の小林玩具店の小林勇氏で、合資会社「麻布永坂更科 総本店」を設立。1957年に馬場氏の「麻布永坂 更科本店」と、小林氏の「麻布永坂更科 総本店」でともに同じ称号を使うことで調停を結ぶ。1959年に「永坂更科 布屋太兵衛」会社成立。

【更科堀井について】
・1960年堀井良造(更科堀井 八代目)は大学を卒業、合資会社「永坂更科布屋太兵衛」に入社。1984年 永坂更科布屋太兵衛の専務取締役堀井良造(更科堀井 八代目)は、「信州更科 布屋総本店」を開店。1985年、布屋という名称使用で裁判があり名称を「更科堀井」へ。
※創業家の堀井さんのルーツのお店となります。

———永坂更科 布屋太兵衛 基本情報———-
〇創業年 寛政元年創業 / 1789年創業
〇営業時間
11:00~21:30(※21:00Lo)
※定休日なし
〇住所
東京都港区麻布十番1-8-7
(公式サイト)⇒永坂更科 布屋太兵衛

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です