東京 麻布十番 総本家更科堀井(1789年創業)

東京 麻布十番。朧気に下町風情も感じる街。
此方に古くからお店を構える老舗の蕎麦屋が、総本家 更科堀井。

12000998_856251574496542_586275607325331330_o

12002566_856251687829864_4684420943617143506_o

ここ、更科堀井は1789年(寛政元年)創業
当初は信州の信濃布のお店でしたが、ほどなくして「信州更科蕎麦処 布屋太兵衛」という蕎麦屋に。
当時から大名屋敷をはじめ高い地位の方をお饗す料理として名を馳せ、明治時代からは天皇皇族にも出前を届けていたそうです。
一度は太平洋戦争や銀行の倒産などの社会情勢不安等により一度は廃業してしまいましたが、その後1984年に再び復活。
(ちなみに、麻布十番界隈には数店舗の更科と冠した蕎麦屋がありますが、こちらとはまったく別の経営です。)

今回注文したのは、季節の食材が彩る桜会席。

更科蕎麦とは、蕎麦の実の中心部のみ、蕎麦殻を含まずに作られた白い蕎麦粉で作られた蕎麦のこと。
一見素麺にも見えるような白く澄んだ蕎麦です。

季節は”秋”ということで、早々に登場したのが松茸入りのお蕎麦。
松茸と共に酢橘の風味が盛り上げてくれます。

11999570_856251741163192_7158203529280089947_o
“季節の揚げ物”舞茸と”季節の一品料理”舞茸と椎茸のボイル。

12006507_856251987829834_4117090269168740555_o

12030503_856251874496512_669979294599263167_o

そして真打ち、更科蕎麦の登場です。

IMG_8956

特に感動したのがこちら。コースの最後を飾ってくれた柚子蕎麦。
こちらはコース内の”秋の季節の変わりそば”です。
蕎麦とは思えない柑橘の香りが格別…!
(定番の更科そばとの食べ比べが出来ます!)

10514441_856251794496520_1186733429149452139_o

此方も東京の奥ゆかしさを深く感じさせてくれる老舗でございました。
こちらもご家族はもちろん、観光に来られた外国の方をおもてなしするには最高の老舗料理屋だと思います。

御馳走様でした!

※「更科堀井」、「麻布永坂 更科本店」、「永坂更科 布屋太兵衛」の3店舗について。

3店舗ともに1789年(寛政元年)に創業した「信州更科蕎麦所 布屋太兵衛」をルーツに持つ店舗となります。「信州更科蕎麦所 布屋太兵衛」自体は1941年に廃業をしています。

【麻布永坂更科本店について】
・1948年に馬場氏が「永坂更科本店」開業。「信州更科蕎麦所 布屋太兵衛」のルーツを持つお店ではありませでしたが、創業家である七代目堀井松之助と「永坂更科」の商号の使用に関して合意を得て、七代目堀井松之助さん(現 更科堀井の7代目)を雇用されていたお店です。1950年に「麻布永坂更科本店」として商標登録出願。

【永坂更科 布屋太兵衛について】
・1949年に「麻布永坂更科 総本店」開業。堀井松之助(現 更科堀井七代目)、妻きん、麻布十番商店街の小林玩具店の小林勇氏で、合資会社「麻布永坂更科 総本店」を設立。1957年に馬場氏の「麻布永坂 更科本店」と、小林氏の「麻布永坂更科 総本店」でともに同じ称号を使うことで調停を結ぶ。1959年に「永坂更科 布屋太兵衛」会社成立。

【更科堀井について】
・1960年堀井良造(更科堀井 八代目)は大学を卒業、合資会社「永坂更科布屋太兵衛」に入社。1984年 永坂更科布屋太兵衛の専務取締役堀井良造(更科堀井 八代目)は、「信州更科 布屋総本店」を開店。1985年、布屋という名称使用で裁判があり名称を「更科堀井」へ。
※創業家の堀井さんのルーツのお店となります。

———-総本家更科堀井 基本情報———-
・創業年
・1789年(寛政元年)
・営業時間
・11:30~20:30
定休日 年中無休
・住所
・東京都港区元麻布3-11-4

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です