山利喜の名物、ガーリックトーストと食べるもつ煮込み、と、やきとん / 東京 森下 1924年創業 (大正13年)

江東区、北西部にある森下。江戸初期、深い森があったからこの名が付いたと呼ばれるこの地域は、深川神明宮の門前町として栄え、戦後から高度成長期にかけてはドヤ街としても発展しました。そんな森下にも複数の老舗が今も営業を続けています。

1924年創業、戦中に焼失も戦後ドヤ街と発展を共にした 山利喜

森下駅から徒歩2分ほどの場所にある 山利喜。1924年(大正13年)に森下の地で、山田利喜造氏によって創業されました。店名は、きっと創業者のお名前からなのでしょうね。
山利喜さんは1945年(昭和20年)の東京大空襲で焼失、1952年(昭和27年)に復活を果たし、その際に”煮込み”、”やきとん”といった現在の看板メニューが産まれたとのこと。ドヤ街であった森下の労働者の方々に愛され、今も続く老舗となりました。

という山利喜さんの外観はこちら。大衆酒場、な感じがして素敵です! 看板メニューのやきとんは、かなりの種類があります。 裏面にも説明が。どれ頼むか悩みますね…。

お店の人のお薦めに従ってオーダーしたやきとん盛り合わせ。ジューシーで美味い。豚肉って美味しいよねぇ。

そしてもう一つの看板メニュー、煮込み&ガーリックトースト。モツってガーリックトーストに良く合うのですね。知らなかった…! せっかくなので、煮込みをアップで。モツがぐったりするぐらいまで煮込まれている、濃い目の旨い子です。

山利喜さん、昔ながらの酒場、といった感じなのに、煮込み&ガーリックトーストみたいな攻めのメニューもある楽しいお店でした。体を使って働いた後に、ここで一杯飲んでを楽しみにする人が多かったんだろうなぁ、なんて思いながら、少量のお酒(あまり飲めないので)を頂きつつ、感傷に浸っておりました。こういう味のある老舗も、いつまでも続いて欲しいなぁ。

———山利喜 基本情報———-
〇創業年 1924年創業 / 大正13年創業
〇営業時間
17:00~23:00 (ラストオーダー: 22:00)
※日曜・祝日 定休日
〇住所
東京都江東区森下2-18-8
(公式サイト)⇒山利喜ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です