東京の伝統料理 桜なべの美味しさを”みの家”で知る / 東京 森下 1897年創業 (明治30年)

江東区、北西部にある森下。江戸初期、深い森があったからこの名が付いたと呼ばれるこの地域は、深川神明宮の門前町として栄え、戦後から高度成長期にかけてはドヤ街としても発展しました。そんな森下にも複数の老舗が今も営業を続けています。

1897年創業、明治初期からの東京の伝統料理 桜なべで有名な みの家

森下駅から徒歩2分ほどの場所にある みの家。1897年(明治30年)に創業された同店は、開店当初から馬肉のすき焼き風鍋料理である”桜なべ”の提供を行ってきました。当時森下には墨田川運河で働く肉体労働者が多く、牛や豚と比べリーズナブルであった馬肉は人気が高かったそう。

という、みの家さんの外観はこちら。現在の建物は昭和29年に建てられたものだそう。 こちらが暖簾。フォントの一つとっても、老舗感があって素敵。
こちらがメニュー表です。桜なべはロース、ヒレがあります。どれにするか悩みますね…。まずは肉さしから。奇麗な色のお肉!当然ながら美味い。 そして桜なべです。4人で伺い、ロースとヒレ、どちらも頼んだのですが、写真からは判別できず…。赤身が多いからヒレかな…。
割下に馬肉を入れ、そこにドカンと八丁味噌が入ります。

ザクはこんな感じ。ネギが美味しそうですよねぇ!

グツグツ煮ます。グツグツ…。超美味いんだけど!!! 追加で、板わさも。美味しいよねー。 〆は残った割下に卵を入れてグツグツしてくれます。色からして美味いよね。これをご飯に乗せて食べます。なんだ、最高の食べ物かよ。桜なべ、久々に食べたのですが、やっぱり最高の食べ物なんだよなぁ、と改めて思いました。甘辛い割下に、じんわり甘い馬肉を煮込むと、こんな最高の食べ物が出来あるのね、と。桜なべが食べられるお店は少なくなっていますが、東京の伝統料理として、長く愛されて欲しいです。未体験の方は、肌寒い季節に是非行ってみてください!

———みの家 基本情報———-
〇創業年 1897年創業 / 明治30年創業
〇営業時間
[月~土]
・ 12:00~14:00(L.O)
・16:00~21:30(L.O.21:00)
[日・祝]
・ 12:00~21:30(L.O.21:00)
※火曜日 定休日
〇住所
東京都江東区森下2-19-9
(公式サイト)⇒【公式HP】東京深川、森下にある馬肉料理みの家では、良質な桜鍋や馬刺をご賞味ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です