壺屋総本店の壺屋最中 / 東京 湯島 寛永年間(1624~44年)創業

古き良き町並みを残す本郷・湯島エリアにも、いくつかの老舗が点在しています。今回はその中でも400年近い歴史を持つ、老舗中の老舗和菓子店である壺屋総本店さんへお伺いしました。

1600年代創業、江戸幕府の御用菓子司 壺屋総本店

湯島駅から徒歩5分、湯島天神から4分弱の場所にある壺屋総本店さんは、東京有数の歴史を持つ和菓子店で、その創業は第3代将軍徳川家光の時代、寛永年間(1624~44年)とされています。

お店の外観からは歴史を感じますね。

壺屋さんは開業当時壺に入れた砂糖を売られていたそうで、そこから壺屋とついたのだとか。そしてその壺屋で生まれた名物が、壺屋最中となります。

壺屋最中は粒あん、こしあん、両方あります。3人の打ち合わせだったので一人2個、二つずつを買ってきました。

白目の最中がこしあん、茶色の最中が粒あんです。

粒あん開封の図。壺の形してます。流石壺屋最中!

江戸時代から販売されていた最中に加えて、明治期からはビスケット等も販売されはじめました。こちらがそのビスケット。素朴な味、という表現がピッタリな、昔ながらのまごうことなきビスケットでした。

壺屋さんを語る際に外せないのが、勝海舟とのお話。壺屋さんのような江戸幕府と関わりが深かった老舗は、明治維新の際にお店を閉められてしまうケースが多かったそうなんです。壺屋さんも閉店を検討されていたようですが、その時に勝海舟が、

市民が壺屋の菓子を食べたいといっているから続けるように

と説得し、今に繋がる老舗として生き続けることになったそうです。
(勝海舟さんは色んな老舗で名前をお見掛けするので、勝海舟タグで関係店舗をまとめています。何店舗まで増えるかな。)

400年近い歴史を持ちながらも、庶民感覚で買えるお菓子を作り続ける壺屋総本店さん。湯島天神や、本郷辺りに伺い際に、立ち寄ってみると良いかもしれません。歴史の一端を感じることが出来ると思いますよ。

———壺屋総本店 基本情報———-
〇創業年 寛永年間(1624~44年)創業
〇営業時間
[月~金] 9:00~19:00
[土・祝日] 9:00~17:00
※日曜定休日
〇住所
東京都文京区本郷3-42-8
(食べログ)⇒壺屋総本店 (つぼやそうほんてん) – 本郷三丁目/和菓子 [食べログ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です