東京 新日本橋 うなぎ割烹 大江戸(創業1800年)

東京は新日本橋。COREDO室町や三越などがあり再開発も進められている街です。
今回訪れる100年老舗のお店は、新日本橋駅近くの交差点、昭和通り沿いの道のりを歩くと風情のある店構えが見えてきます。

勝海舟も通った創業1800年の老舗

うなぎ割烹 大江戸は1800年・寛政12年に初代草加屋吉兵衛が浅草で創業しました。
1800年の日本の出来事というと日本地図を作った伊能忠敬が今の北海道・蝦夷地を計測と。要するに江戸時代真っ只中、まだ日本が鎖国をしていた時代から創業を初めていたという事になります。お侍さんがいた頃からというのが凄くてびっくりしてしまいますよね。そして1946年に今の日本橋に店舗を構えました。
あの勝海舟も足しげく通っていたのだとか。歴史のある老舗ならではですよね。

土曜日限定の名物「いかだ」

店の暖簾をくぐり店内へ。
店内はさほど広くはありませんが、趣があり江戸情緒が溢れています。老舗ですが堅苦しくなく気兼ねなく入れる雰囲気があります。
平日に行ったので注文できなかったのですが、土曜日限定の「いかだ」が人気で名物だそうです。
「いかだ」とは開いたうなぎを半分に切らずにそのまま焼き上げ、いかだのように並べたもの。土曜日に行かれた方は是非召し上がってはいかがでしょうか?

満足のボリュームの大丼

今回は丼献立の「大丼」を注文。
今まで鰻の老舗に行きましたがそれに比べてもすごいボリュームです。写真で分かるでしょうか?
並と並べるととても大きいのがお分りできると思います。
味はタレは比較的あっさりめで、鰻はふんわりとしており美味しく頂きました。
お昼時のボリュームとしては大満足です。力が付きますね!


岸朝子さんのお気に入りレストランに選ばれた老舗

食生活ジャーナリストの岸朝子さんがお気に入りに選んだ「大江戸」
先ほども書いたように勝海舟も訪れ、福田元総理も良く利用していたのだとか。
数々の著名人に選ばれている「うなぎ割烹 大江戸」
その味を是非味わってはいかがでしょうか?

———-うなぎ割烹 大江戸 基本情報———-
・創業1800年(寛政12年)
営業時間
[月~金]
11:00~22:00
[土]
11:00~21:00
定休日
日曜日・祝日

・住所
東京都中央区日本橋本町4-7-10

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です