ランチョンでビール&エビフライ / 東京 神保町 1909年創業 (明治42年)

古本の町として知られる神保町。古き良き文化が漂うこの街にも、様々な老舗が点在しています。今回はビアホール ランチョンさんに伺いました。

1909年創業、ビアホール ランチョン

1909年に創業したランチョンは、創業当初から「生ビールを飲める洋食屋」だったそうで、当初は特に店名もなく、お客さんからは「洋食屋」と呼ばれていたそうです。ストレートな名前ですねw。
名前がなかったこの「洋食屋」と呼ばれていたお店は、常連客であった東京音楽学校(現・東京藝術大学音楽学部)の学生さんが「ランチョン」と名付け、現在まで続いている、とのこと。面白い創業ストーリーですね(詳しいストーリーは、ランチョンさんのウェブサイトに記載があります。)

神保町から徒歩1分の距離にあります!(ちなみに隣は老舗カレー屋 共栄堂さんです)。

こちらが正面のカット。洋食屋さんのコックさんっぽいおじさんが迎えてくれます。

お店に入るとすぐに階段があり2階へ上がる形となります。階段の踊り場には、過去のランチョンさんの変遷が見れて楽しいですよ。

今回はランチョンさんに晩御飯に伺いました。ビヤホールであるランチョンさんでスタートに頼むもの、といえば、もちろん生ビールです。注ぎ方が上手だからか、苦みがすっきりの飲みやすいビールでした。

ビールと共にオーダーしたのは、自家製ロースハム。これお中元やお歳暮でもらえるハムの2倍ぐらい美味しかったです。

こちらが白アスパラガスのサラダ。サラダそのものは割と普通なんですが、

特長的なのはこちらのドレッシングです。野菜嫌いの子供でも野菜を食べられるようになるドレッシング、と押し出されていまして、ドレッシング単体でも販売されていました。確かに野菜と思えない甘みがあって、野菜ぐらいなお子さんでも野菜をバクバク食べられそうな味がしました。

続いて名物的なメンチカツをオーダー。

肉汁がヤバいw。昔ながらの洋食屋さんらしい、角のない、やさしい味です。毎日食べられそう。

そしてオムライス。こちらもやさしい味。うすーく、奇麗に焼かれたこの姿に、老舗の拘りを感じますね。

ビールのアテに、豆チリソース煮込みをオーダー。これ、ビールに合い過ぎて困ったw。

そして、一番インパクトがあったのが特大天然海老を使ったエビフライ。写真では伝わりづらいかもですが、レモンの大きさから想像してください。トンでもなく大きいんです。これ、僕のエビフライランキングの中で、インパクト部門ぶっちぎりトップに躍り出ました。2800円という価格に怯みましたが、頼んで損はなかったです。

生ビールを飲める洋食屋、として始まったランチョンさんらしく、ビールも洋食も本当にクオリティが高く、しみじみ美味しいなぁと思えるお店でした。
ランチョンさんで食べられる洋食は、小さなお子さんでも楽しめる優しい味なので、今度はお昼に子連れて食べに来たいなと思いました。このエビフライで子供を喜ばせる、というのは良い休日の使い方な気がします(土曜日は空いていますが、日曜日はお休みなのでお気をつけて!)。

———ランチョン 基本情報———-
〇創業年 明治42年創業 / 1909年創業
〇営業時間
11:30~21:00ラストオーダー(土曜日は~20:00ラストオーダー)
※ 日祝日 定休日
〇住所
東京都千代田区神田神保町1-6
(公式サイト)⇒神保町にある老舗の洋食屋といえば「ランチョン」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です