浪花家総本店で最高の元祖たい焼きを / 東京 麻布十番 1909年創業 (明治42年創業)

オシャレな最新スポットと、古き良き老舗が同居する街 麻布十番。この麻布十番には、東京三大たい焼きに数えられる、たい焼き発祥の店浪花家総本店があります(諸説あり)。

1909年創業、天然たい焼きの浪花家総本店

突然ですが、たい焼きには天然物と養殖物の区分があることはご存知ですか?たい焼きは一度に幾つも焼ける屋台等で見かける焼型と、一匹毎に焼き上げる昔ながらの小さな焼型の2種類あります。良く見かける複数焼けるタイプが「養殖物」、一つ一つ焼き上げるタイプが「天然物」と呼ばれています。
今回お伺いした浪花家総本店さんは、たい焼き発祥の店として知られる(諸説あり)、天然物のたい焼き屋さんです。東京三大たい焼きの一つとしても知られています(残りは、人形町の柳屋さん、四谷のわかばさんです)。

こちらが浪花屋さんの外観。渋い!ですよね。ちなみに店名の由来は、初代・神戸清次郎が浪花(現大阪市)の出身だったからだそうです。

店に入ると職人さんが焼いている姿を見ることが出来ます。これ見ると食べたくて堪らなくなりますね。

焼のシーンを横から。天然物は一つ一つ火加減を調整しながら焼く必要があるため、より手間がかかります。が、その分焼き加減がしっかりするため、ばらつきが少なくなります(職人さんがしっかりしている前提が必要ですが)。

浪花屋さんには2階席もありまして、ドリンクをオーダーする必要はありますが、さほど並ばずに購入することができます。今回は緑茶セットをオーダーしました。
※1階で購入する場合は事前に予約が必要となります。

そしてこちらがたい焼き。顔つきと艶がヤバい。

浪花屋さんのたい焼きを食べる前までは、たい焼きに違いなんてないだろうと思っていたのですが、パリパリとモチモチが同居した皮と、ずっしり詰まった餡子のハーモニーに一発でやられてしまいました。このたい焼きは本当にすごいです。たい焼きに違いなんてないでしょ?と思う人にこそ食べてもらいたいなと思います。
ちなみにたい焼きは、初代の神戸さんが「めでたい」にちなんで、鯛の型で焼くことを思いついたことから生まれた、と言われています。何かのお目出度い席に、お土産として「元祖たいやき」なんていかがでしょうか?

———浪花家総本店 基本情報———-
〇創業年 明治42年創業 / 1909年創業
〇営業時間
10:00~19:00(但し店内飲食は11:00~19:00)
※火曜日・第三水曜日 定休日
〇住所
東京都港区麻布十番1-8-14
(全国和菓子協会 サイト)⇒浪花屋総本店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です