壽堂 (ことぶきどう)の黄金芋と吹寄せ / 東京 人形町 明治17年創業 (1884年)

老舗の聖地 人形町。ご飯を食べるお店も甘味系も両方かなりの数が存在しています。とある老舗に伺った帰り道、「このルックス、老舗に違いない!」と調べたらビンゴだったお店が壽堂さんです。

明治17年創業、黄金芋の寿堂 (ことぶきどう)

明治17年、壽堂さんは日本橋蛎殻町で創業され、明治40年代に現在の場所(水道橋交差点近く)に移ってこられたそうです。

昔ながら、という表現がぴったりの店舗。名物の一つ氷ようかんのノボリが建てられていました(夏限定の期間限定商品)。

お店のディスプレーがこちら。看板メニューの黄金芋が「これでもか!」というレベルで並べられています。

他にも食べたいものがあったので、2本入りの小さいパッケージを購入。

近くの公園で開けました。こんな感じ。シナモンが香る、和菓子とは思えない匂いが広がります。

北海道産のワカサイモを使ってふっくらと焼き上げられたお芋が、シナモンに包まれて、サツマイモのようなルックスになっています。

中はほっくりしていて、紅茶とか凄く合いそうです。シナモンの香りがかなり立っていて、シナモン好きには堪らない味。

様々なメディアに取り上げられる黄金芋。朝日新聞の記事がパッケージに印刷されていました。向田邦子さんのエッセーにも登場するらしいですよ。

せっかくなのでもう一つ購入しました。干菓子が美味しいと伺ったので吹寄せを購入です。季節毎にパッケージと中身を変えられているそう。買った時期が夏だったので、夏らしい青のパッケージです。

開けるとこんな感じ。すいかや金魚が本当にかわいい!
味は日本茶に良く合うような、くどくない甘さがたった上品なお菓子でした。

寿堂さんの名物二つを食べることが出来た今回でしたが、夏の季節限定の氷ようかんを食べることが出来ませんでした。来年の夏、氷ようかんをゲットしよう!と再訪を約束したのでした。

———-壽堂 基本情報———-
〇創業年 明治17年 / 1884年創業
〇営業時間
[月~土]9:00~18:30
[日・祝]9:00~17:00
※売切れで早めに営業を終了する場合があります
〇住所
東京都中央区日本橋人形町2-1-4
(食べログ)⇒ 壽堂 (ことぶきどう) – 水天宮前/和菓子 [食べログ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です