「林の餅」の豆あん餅に恋に落ちる / 広島市西区 明治40年創業

仕事で年に数回広島を訪問しています。市内に100年超えの店はないものか、と探したところ、甘味処を何件か発見。まずは天満町にある「林の餅」さんへ伺いました。
※この日は和菓子屋さんハシゴし、この後「御菓子処高木」さんへ伺っています。

明治40年創業 お餅が有名な「林の餅」

西区の天満町の交差点に、明治40年創業の「林の餅」さんはあります。餅、が店名になっている通り、お餅が有名なお店で、広島オフィスの方がおっしゃるには、「お正月、鏡餅のニュースになると必ず林の餅さんが出るんです」とのこと。

お店の外観は華美な感じでなく、実直さを感じる店構え。

頂いたパンフレットでは、「創業明治四十年」と「伝統の味」を押しています。

パンフレットの中面は、鏡餅。流石ニュースに出るだけありますね。

「一番出るのは、豆あん餅です」

今回は予備知識なくお店に訪問し、何を買おうか、を決めずに伺いました。店舗の方に、「お勧めはどれですか?」とお伺いしたところ、「一番でるのは豆あん餅です」とのことだったので、豆あん餅を購入。せっかく来たのだから、と、パンフレットの表紙になっていたおはぎも買いました。

写真上が豆あん餅です。

甘じょっぱさと豆感が最高…!で、一発で恋に落ちる。

実は私、あんまりお饅頭というのを食べたことがなく、豆餅的なもの、初めて頂きました。お餅の外にお塩が掛かっていることもあり、一口めは少ししょっぱいのですが、直ぐに餡子の甘さと、豆の力強い味が来て、「このお饅頭すごい!」ってなります。本当においしい!流石人気No.1!

おはぎは丁寧に作られた、昔ながらのお味で、こちらも最高!ただ、豆あん餅が最高過ぎたため、若干印象が薄くなってしまいました。あんだけ美味しい豆あん餅と比べられたらしょうがない。

林の餅さんのお店の方がおっしゃっていたのは、通年お勧めは豆あん餅、なのだそうですが、それに加えて季節季節にお勧めがあるそう。今度は秋に、別のお勧めを食べに行こうと思います。丁寧に作られている和菓子は、美味しいだけでなく、心が落ち着く、そんな感じがしますよね。

———-林の餅 基本情報———-
・創業年 明治40年 / 1907年
・営業時間
平日:AM8:00〜PM6:00 土曜:AM8:00〜PM5:00
定休日:日曜日(祝祭日は午前中営業)
・住所 〒733-0022
広島県広島市西区天満町7-19

(公式サイト)
天満町林の餅 お餅・おはぎ・一升餅・祝餅のことはおまかせ下さい。 – 創業明治40年 広島市 天満町 林の餅 おもち おはぎ 赤飯 祝餅

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です