御菓子処高木の季節の生菓子と、ザ・広島ブランド選定 鶴亀もなか / 広島市中区 大正8年創業

広島に行く機会は中々ないため、「林の餅」さんに続き「御菓子処高木」さんにもお邪魔してきました。こちらは、高級店の趣のあるお店です。

大正8年創業。こだわりは「一.材料 二.流行 三.誠実 四.物語」

広島市内のバスセンターから徒歩10分ほど歩いた十日市に、御菓子処高木さんの本店があります。バスセンター近くに支店もあるのですが、10分で行けるなら本店へ行こう、と、歩いて行ってきました。

風格とモダンが入り混じる店内入り口。

高木さんのウェブサイトもモダンでかっこよく、こだわりが伝わってくるサイトです。こだわりについて語っている中で素敵だな、と思ったのがこの言葉。

『本当にいいものをお客様に』
これが私たち高木の、これからも変わらない原点です。
一.材料 二.流行 三.誠実 四.物語

御菓子処高木さんといえば、ザ・広島ブランド選定 鶴亀もなかなのですが、こだわりを読んでしまうと、季節の生菓子も欲しくなってしまいました。ので、ここは両方購入しかありません。

生菓子のパッケージはクラシカル。

少し遅い時間に伺ったため売り切れの生菓子があり、清流を2つ入れて頂きました。見た目から美味しいですが、見た目以上に華やかな味がして、夏の始まりを楽しめそうな気持ちにさせられます。

こちらが、ザ・広島ブランド選定の鶴亀もなか。小倉餡と抹茶餡の2つがあります。

見た目はシンプル。甘すぎない上品な味が、もう一つ、となりそうで危険だ。

やや大衆よりの林の餅さんとはまた違う、老舗の懐に触れられて、広島の和菓子の深さを体感できました。次回訪問時は高木さんにある茶寮コーナで休憩でしながら、美味しい和菓子を頂きたいなと思います。

———-御菓子処高木 基本情報———-
・創業年 大正8年 / 1919年
・営業時間 (十日町本店)
【定休日】元旦のみ
【営業時間】平日9:00~19:00 日・祝9:00~18:00
【茶寮コーナー】17:30L.O 18:00閉店
・住所
広島県広島市中区十日市町1丁目4-26

(公式サイト)
御菓子所高木|ホームページ

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です