一見でも落ち着ける山田寿司で、おまかせ / 東京 大井町 1924年創業 (大正13年)

品川区と大田区の境にある大井町エリア。近くに旧東海道も通るこの街には、老舗がいくつか点在しています。

1924年創業、戦時中に閉店も同じ大井町で再開を果たした 山田寿司

大井町から徒歩5分ほどの場所にある山田寿司。1924年(大正13年)、関東大震災後に山田吉次氏によって創業された、寿司・天ぷら等を提供する食堂として歴史が始まっています。2代目の森正美氏の時代に第二次世界大戦が発生、疎開・招集・シベリア抑留等もあり一時閉店。昭和22年に大井町で再びお店を再開され現在に至ります。

こちらが店舗外観。区画整理があり、昔とは違う店舗となっているそう。もう少し正面からの図。昔ながらの、地元密着型のお寿司屋さん、といった感じ。
店内に入って最初に目に付いたのはアナゴ。いやー、そそりますね。

今回はお任せでお願いしました。中トロからスタート。

そして平貝、赤貝。貝は握る前にまな板に叩きつけると思うのですが、目の前で握って頂いたこともあり、その音が心地よく、食べる前から嬉しくなりました。

しめ鯖とイカ。

タイとウニ。

穴子とシャコ。シャコ好きとしては、お任せにシャコが入っているとテンションあがります。

タコと、トリ貝。

トロとコハダ。

かんぴょう巻きでフィニッシュ。巻物はカンンピョウが一番好きだから超嬉しい。

昔焼酎作ってたんですよ、とラベルをプレゼント頂きました。こういうの、嬉しいですよね。

タイトルに書いたのですが、山田寿司さん、初めてお伺いの一見客だったのですが、熟練の職人さんに話しかけて頂けて、なんだかいつも行くお寿司屋さんのような気分で楽しめました。老舗食堂の事をお話させて頂いたところ、大井町になる他の老舗もご紹介頂け、次行く店まで見つかりました。嬉しい。家から近いので、今度は家族でお伺いしようと思います。

——- 山田寿司 基本情報———-
〇創業年 1924年創業 / 大正13年創業
〇営業時間
11:30~23:00
※木曜日 定休日
〇住所
東京都品川区大井1-53-6
(公式サイト)⇒ 山田寿司|大井町の老舗寿司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です