つな八のアナゴ天と、うに海苔巻き天ぷらに泣く / 東京 新宿 1924創業 (大正13年)

江戸四宿の一つの「内藤新宿」として栄えた新宿エリア(品川宿、千住宿、板橋宿と合わせて江戸四宿)。交通の要所として栄えた新宿には、何軒もの老舗が存在しています。

1924年創業、日本全国で営業する天ぷらチェーン つな八

新宿駅・新宿三丁目駅、どちらからから徒歩3分の場所にあるのが、日本全国で30店舗以上を運営する天ぷらチェーン つな八の総本店。つな八は1924年(大正13年)に新宿の地で、初代となる志村久蔵氏によって創業されました。現在は三代目の志村久弥が代表をつとめられています。

こちらが店舗外観。総本店だけあり、趣のある重厚さを感じる店舗です。 こちらが正面のカット。天ぷら以外にお刺身等も提供されています。
こちらがメニュー表。しっかりした作りで高級感を感じますね。 メニューはこんな感じ。単品で頼むよりセットが楽そうだったので、今回は右ページの渚コース2700円をオーダー。追加で食べたいものがあったので、「少量で上質」というコースのチョイスです。
カウンターに座ったので目の前で職人さんの作業を見ることが出来ました。これはアガリますね! まずは海老と魚介。昔ながらの濃い目のごま油でなく、どちらかというと軽めのごま油でカラッと揚げてくれています。超美味い。 そして野菜。蓮根とマイタケが来ました。揚がり具合が絶妙! そして穴子。江戸前を代表するネタですね。想像通りの美味しさで、笑顔になれます。アナゴ天ってなんでこんなに美味いのか。 今回少な目のコースにしたのは、本日のおすすめにあった「うに海苔巻き」の天ぷらを頼みたかったからなんです。 これです、これ!海苔に巻いたウニを、さらっと火を通すことで、甘みが増してすんごく美味しいんです。いいなー、このウニ。つな八さんは、色んな場所にあるチェーン店という印象が強かったこともあり、期待値は正直さほど高くなかったんですね。チェーン店にありがちな、「高くなく、程よく美味しい」な感じと、勝手に思い込んでいて。
そんなテンションで食べたので、一口めから驚きで、過去の思い込みをしていた自分を恥じました。だってすんごい美味しいんだもの。勝手な思い込み、行けませんね。つな八、ただただ最高でした。

——- つな八 基本情報———-
〇創業年 1924年創業 / 大正13年創業
〇営業時間
平日 11:00~22:30(L.O. 22:00)
土日祝日 11:00~22:30(L.O. 21:45)
※無休 (年末年始を除く)
〇住所
東京都新宿区新宿3-31-8
(公式サイト)⇒ 天ぷら専門店 新宿つな八

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です