花園万頭の、ぬれ甘なっと入り あんみつ / 東京 新宿 1834年創業 (天保5年)

江戸四宿の一つの「内藤新宿」として栄えた新宿エリア(品川宿、千住宿、板橋宿と合わせて江戸四宿)。交通の要所として栄えた新宿には、何軒もの老舗が存在しています。

1834年創業、2018年の破綻から復活した 花園饅頭

新宿駅から徒歩8分ほど、新宿三丁目駅か徒歩5分ほどの場所にある花園饅頭 本店。1834年(天保5年)に金沢で創業、明治39年に東京・青山へ進出、その後東京で複数店舗を構えるまでに至りました。ですが、昭和4年に工場で火災があり、工場・店舗を焼失。その翌年 昭和5年に、現在の本店がある新宿の花園神社近くで再建、という激動の歴史をお持ちです。屋号の「花園饅頭」は、新宿 花園神社にちなんだ饅頭を完成させた際に、今の名前へと改められたそうです。

その後、2018年5月で破産で大きなニュースとなりましたが(ページ下部で解説)、現在は銀座千疋屋さんに事業譲渡で復活し、新宿本店をはじめ、日本全国10か所以上で営業をされています。

前提が長くなりましたが、こちらが店舗外観。

本店は店頭販売以外にカフェ営業もされています。今回はカフェでお茶をしてきました。花園饅頭さんといえば、店名でもある「花園饅頭」と、「ぬれ甘なっと」が名物。前者は残念ながら売り切れでしたので、今回は「ぬれ甘なっと」を使ったスイーツをオーダーしました。

その「ぬれ甘なっと」入りのスイーツが、こちらのあんみつです。

少し寄りで。餡子の代わりに「ぬれ甘なっと」が乗っかっています。この程よい甘み、最高だなぁ。

という花園饅頭さんですが、世間的に大きなニュースとなったのは、2018年6月に東京商工リサーチのこちらのニュースでした。そう、18年5月31日に破産されているのです。

 (株)花園万頭(TSR企業コード:290958687、法人番号:1011101017476、新宿区新宿5-16-15、設立昭和28年1月13日、資本金4000万円、石川一弥社長)は5月31日、東京地裁に破産を申請し同日、保全管理命令を受けた。

破産されたものの、1か月経たないうちに、同じく老舗である銀座千疋屋さんに事業譲渡という形で、新たに再建される形となりました。東京商工リサーチの記事はこちら

 6月28日、(株)花園万頭(TSR企業コード:290958687、新宿区)は、(株))パティスリー銀座千疋屋(TSR企業コード:297343246、東京都中央区)をスポンサーとする事業譲渡契約を締結した。花園万頭は5月31日、負債24億4124万円を抱え、東京地裁に破産を申請。その後、スポンサーの選定を進めていた。
事業譲渡の概要は、パティスリー銀座千疋屋が受け皿会社として100%出資子会社(株)花園万頭(TSR企業コード:028340612、東京都中央区、設立平成30年6月、資本金4800万円、花里正之社長、以下、新花園万頭)を新たに設立。花園万頭が手掛けていた和洋菓子の製造販売事業を6月29日付で新花園万頭に譲渡する。新花園万頭は花園万頭の一切の債務を承継しない。

この事業譲渡があったおかげで、我々は2019年現在も、「花園饅頭」も、「ぬれ甘なっと」も楽しむことが出来るのです。破産してしまったことは悲しいですが、こういった形で事業継続されているのは嬉しいことですね。

——- 花園饅頭 基本情報———-
〇創業年 1834年創業 / 天保5年創業
〇営業時間
10:00-19:00
※無休
〇住所
東京都新宿区新宿5-16-11
(公式サイト)⇒ 東京新宿花園万頭| 甘納豆の歴史を作った200年の伝統を持つ和菓子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です