大井町一番の老舗 登利源 (とりげん)  で、鰻重&天丼 / 東京 大井町 1923年創業 (大正12年)

品川区と大田区の境にある大井町エリア。近くに旧東海道も通るこの街には、老舗がいくつか点在しています。

1923年創業、関東大震災後に現在の地で創業した 登利源 (とりげん)

大井町から徒歩7分ほどの場所にある 登利源 (とりげん) 。1923年(大正12年)、現在のご主人の祖父にあたる方が、関東大震災後に創業されたお店です。大井町で一番の老舗店とのことですよ。
(登利源さんのことは、1924年創業の同じ大井町の山田寿司さんに教えて頂きました)

そんな登利源 (とりげん)  の店舗はこちら。緑色の奇麗な暖簾が出迎えてくれます。今の店舗は10年ちょっと前に立て直しをされたのだそう。

店内に入りました。メニュー表がかっこいですね。これは昔のをそのまま使っていたりするのかな。

こちらがランチタイムメニュー。看板にうなぎ・天ぷらとある登利源さんは、ランチタイムにどちらも食べられます。今回は二人で伺ったので両方オーダーしました。 まずはウナギから。小鉢・サラダ付きなのは嬉しいなぁ。 うなぎアップで。タレは辛めで割とカリッと目な鰻でした。美味い。 こちらは海老天重。海老の天ぷらが3本も!こちらも小鉢・サラダ付きです。 濃い目のタレがかかっていて美味しい!

登利源さん、ランチメニューが1000円以下のリーズナブルなものから、ちょっと奮発したメニューまであるため、ランチタイムのお客さんが、様々だったのが印象的でした。普通にランチ氏に来たお客さんがいたと思えば、隣は商談風なお客さんだったり、と。色んな活用シーンのある、街中に溶け込んだ老舗店も、いいものですねぇ。

——-登利源 (とりげん)  基本情報———-
〇創業年 1923年創業 / 大正12年創業
〇営業時間
午前11時30分~午後1時30分、
午後5時~8時30分
※日曜日 定休日
〇住所
東京都品川区大井2-10-6
(品川区役所内 公式ページ)⇒ 登利源(とりげん)【飲食店、大井地区】|品川区

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です