とらやで涼むなら / 東京 銀座 室町時代創業

日本を代表する老舗であるとらや(会社名は虎屋)。室町時代に京都に創業し、昭和に入ってから株式会社化、本店は東京の赤坂にあります。赤坂店は現在改装閉店中のため、銀座に一等地にあるとらやさんへ伺いました。

商品が多いからこそ悩む、とらやの夏

室町時代に創業し、長い歴史を持つとらやには様々な看板商品があります。一つを選ぶなら、やはり「夜の梅」だと思うのですが、夏に食べるならもうちょっとさっぱりしたいですよね。そんなことを考えつつ銀座店へ伺いました。

銀座中央通りに面したとらや銀座店。イートインコーナーを備えており、店頭に商品のサンプルが掲示されています。

サンプルがこちら。夏はかき氷も勿論あります。

今回は1Fで買い物はせず、2Fのイートインコーナーへ向かいます。メニュー表の虎の模様がかっこいい!

とらやには夏メニューが沢山あります。系統でいうならば、

・羊羹系 (水羊羹、季節の羊羹等)
・かき氷系 (定番の抹茶からイチゴまで)
・あんみつ、汁粉、葛切り等のその他和の定番

だと思います。今回3名で伺ったのですが、チョイスはバラバラになりました。

まずは一人目。「冷やし汁粉」と「季節の羊羹」をチョイス。

季節の羊羹は、もちもち系の透明部分と、やや苦みのある抹茶系の緑の部分のバランスが良い、夏の涼しさを感じられる羊羹でした。

そして冷やし汁粉。きーん、と冷えたお汁粉が甘さを引き立てます。

2人目のチョイスは宇治抹茶をぜいたくに使ったかき氷。色も量もインパクトがあります。心地よい苦みに高級感を感じます。

3人目はあんみつ。抑え目な餡子と、歯ごたえを感じられる寒天が最高のマッチング。

という感じで、見事にチョイスが分かれました、が、どれも本当に美味しいです。老舗の甘味処は「〇〇が有名」なお店の場合、それ以外があまり用意されていなかったりするので、とらやさんの充実ぶりは、幅広く対応出来て凄く助かります。安くないお値段ですが、今年の夏は何度か行くことになりそうです。

——-とらや銀座店 基本情報———-
〇創業年 室町時代創業
〇営業時間 ※元日のみ休業
・直営店
10:00〜20:00(平日・土曜)
10:00〜19:00(日曜・祝日
・寮虎屋菓寮
11:30〜19:30(平日・土曜)
ラストオーダー:19:00
11:30〜19:00(日曜・祝日)
ラストオーダー:18:30
〇住所
東京都中央区銀座7-8-6

公式サイト ⇒ 銀座店(直営店・虎屋菓寮) | とらやの和菓子|株式会社 虎屋

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です