巴家で半チャンラーメン ランチ / 東京 大手町 1919年創業 (大正8年)

東京駅からほど近いビジネスの中心地大手町。大きなビルが立ち並ぶこの街には、ひっそりといくつかの老舗が行き残っています。

1919年創業、1000円以下のランチが楽しめる 巴家

大手町駅と神田駅の、やや大手町寄りの場所に、巴家はあります。創業は大正8年、1919年とかなりの老舗。ラーメンを中心とした中華料理店となります。

こちらが店舗外観。巴家ビル、とありますので自社ビルなのでしょうね。 ランチタイムには、サービスセットが3つ用意されていました。どれも800円台。大手町にあるお店としては破格です。近くに勤務されているサラリーマンの方々が沢山いらっしゃっていました。

オーダーしたのはCセット。巴そばと半チャーハンです。

巴そばアップの図。巴そばが何かわかっていなかったのですが、お店の名前を冠したメニューであれば、看板メニューに違いない!と思ってオーダーしました。少しあんかけ風な野菜炒めが載っている、サンマーメンのようなラーメンです。かなりの当たり。

そしてチャーハンのアップの図。チャーハンは、上手い表現かわかりませんが、おかんが作った味がしました。高級店にあるパラパラのチャーハンではない、所々ダマなご飯も出てきたりするけれど、しみじみ美味しいやつです。

同行者は担々麺をオーダー。辛すぎない、昔ながら感のあるスープ。

巴家さんは、価格帯からも分かる通りの大衆店で、近隣のサラリーマンの方々に愛されているお店です。はやりの味ではないかもしれないけれど、愛されてきた意味の分かるお店です。こういうお店もっともっと開拓していきたい。

——-巴家 基本情報———-
〇創業年 大正8年創業 / 1919年創業
〇営業時間
11:00~15:00 17:00~21:30(L.O)
※土・日・祝定休日
〇住所
東京都千代田区内神田1-2-14
(食べログ)⇒ 巴家 – 大手町/広東料理 [食べログ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です