日本三大珍味”長崎 野母からすみ”の元祖 高野屋 / 長崎 長崎市 1675年創業 (延宝3年)

江戸時代、鎖国をしていた日本の唯一の外国への窓口であった長崎。明治維新後も、開国港の一つとして西洋文化の受け入れ口であり続けました。そんな長崎に残る老舗にお伺いしました。

1675年創業、カラスミ一筋300年以上、元祖からすみの老舗 高野屋

長崎駅から車で7分、徒歩で15分ほどの場所、旧県庁坂通りにある高野屋。1675年(宝暦3年)に、初代となる高野勇助氏によって創業されました。高野氏は、熊本県八代地方の出身で、出島の埋め立て工事で長崎へやってきて、そのまま長崎に移り住んだそう。創業当時は魚屋でしたが、海外よりもたらされた”からすみ”に興味を持ち、野母のボラを使った独自の”からすみ”を開発します。それが今に伝わる”長崎 野母のからすみ”で、”越前のうに”・”三河のこのわた”と並び、日本三大珍味と知られるまでになります。

そんな高野屋さんの外観はこちら。角地にある、ちょっと高級オーラが出ているお店です。

店舗内には、高野屋さんの歴史の解説がありました。この歴史は高野家の墓碑に刻まれているそう。

こちらが店内のディスプレイの様子。からすみ好きの僕歓喜w。高級な大判サイズも。流石に食べきれないので大判は断念。
今回は小さめのもの、しかも食べ比べをやってみようと、国産からすみ、海外産からすみ(豪州産)の2つを購入してみました。お値段は10gあたり国産が700円、豪州産が500円とその差200円!

小ぶりのからすみ2つだったので、小さめの袋に入れて頂きました。
取り出した図。左が濃い色が国産で、右側がやや薄めのものが豪州産。まずは国産から。色が濃いだけあって味も濃い!お酒のアテにも料理にも使えそう。 こちらが豪州産。色が少し明るく、濃さも国産ほどではありません。味が国産ほど濃くないので、からすみになれていない人だとこちらのほうが好みかも。せっかく”からすみ元祖のお店”に出会えたので、贅沢に食べ比べをやってみたのですが、それぞれの違いが見えて楽しかったです。料理に合わせるなら濃い目の国産だろうな、と思いましたが、単体で食べるなら豪州産が好みの人も多そう、という感想。まあ、私はどちらも好きですけどねw。
と、私はからすみが好きだ!と、改めて認識できたので、今後は定期的にからすみを購入しようと思います。

———高野屋 基本情報———-
〇創業年 1675年創業 / 延宝三年創業
〇営業時間
・平日 9時~19時
・日・祝日 9時30分~18時
※1月1日定休日
〇住所
長崎県長崎市築町1番16号
(公式ページ)⇒元祖からすみ 高野屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です