ラスボスが居そうな四海樓のビルで、元祖長崎ちゃんぽんを食べる / 長崎 長崎市 1899年創業 (明治32年)

江戸時代、鎖国をしていた日本の唯一の外国への窓口であった長崎。明治維新後も、開国港の一つとして西洋文化の受け入れ口であり続けました。そんな長崎に残る老舗にお伺いしました。

1899年創業、長崎ちゃんぽんを発明したお店 四海樓

長崎駅から車で10分、徒歩で25分ほどの場所にある、四海樓。1899年(明治32年)に、清の福建省から来日した陳平順氏によって、中華料理店兼旅館として創業されました。長崎ちゃんぽん、皿うどんの発祥のお店として知られています(発祥については諸説あり)。

こちらが四海樓の外観。事前に「凄いビルですよ!」と聞かされていたのですが、想像以上でした。ラスボスが居かねない迫力!

四海樓さんは5F建てで、1Fがお持ち帰り用のちゃんぽん等の販売、2Fがミュージアム、3Fが予約専用の洋室、4Fが予約専用の和室です。で、5階が展望レストランになっています。

で、こちらが5Fの展望レストランからの景色。海が見える素敵なレストラン!

こちらがメニュー。創業明治32年、「ちゃんぽん」発祥の店と書かれています。

メニューの中身はこんな感じ。ちゃんぽんと皿うどんを中心に、他にも中華の一品料理も販売されています。メニューには”ちゃんぽんの由来”というコーナーも。福建省出身の初代 陳平順氏が、福建料理をベースに、中国人留学生のために”うまくてボリュームがあり、栄養価が高く安価なメニューを”と考えたのが始まりだそう。 そして”皿うどん”の由来も掲載。こちらも初代  陳平順氏が開発したもので、当初はちゃんぽんのバリエーションの一つだったとか(ちなみに、ちゃんぽんも、皿うどんも他の料理同様、諸説あり、の1説となります)。せっかく発祥の店に来たのですから、ちゃんぽん、皿うどんの両方を食べたかったのですが、この日2回目のランチ(1回目がツル茶んのトルコライス)だったので、両方は泣く泣く断念。今回はちゃんぽんをチョイス。この色見が超カワイイ!クリーム色のスープに、カマボコのピンクと、奇麗な黄色の錦糸卵、フォトジェニックですねぇ。

麺はちゃんぽんらしい太麺。このスープにはやっぱり太麺ですよね!

個人的に大好きな食べ物、ちゃんぽん。そのちゃんぽんの元祖が食べられる、というだけでテンション高かったのですが、ビルのルックス、5Fからの眺め、そして最高に美味しいちゃんぽんと、これはかなり上質なエンタメだな、と思いました。次は元祖皿うどんを食べに行きたい!

———四海樓 基本情報———-
〇創業年 1899年創業 / 明治32年創業
〇営業時間
・11:30~15:00
・17:00~21:00(20:00ラストオーダー)
※不定休
〇住所
長崎県長崎市松が枝町4-5
(公式ページ)⇒中華料理四海樓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です