銀座でしか買えない、たちばなの絶品かりんとう / 東京 銀座 1909年創業 (明治42年)

日本を代表するショッピング街である銀座。銀座には数多くの老舗が、街のいたるところに点在しています。今回は銀座の店舗に来なければ買うことが出来ない、絶品かりんとうを買いに伺いました。

1909年創業、銀座でしか買えないかりんとうを製造・販売する たちばな

銀座駅から徒歩10分弱、新橋駅から5分程度の場所にあるかりんとう屋さん たちばな。1909年創業(明治42年)で、かりんとうを2品目だけ販売されているお店です。浅草の「かりんとう小桜」さん、湯島の「ゆしま花月」と合わせて東京3大かりんとうの1つに数えられる名店です(両店共に昭和創業のため、大正以前創業をご紹介対象とする弊サイトではご紹介しておりません)。

こちらがたちばなさんの店舗外観。銀座のビル群の中に、突如現れる日本家屋にちょっとビックリします。 外にはこんな感じのディスプレイが。この赤い缶こそ たちばなさんって感じですよね。 たちばなさんでは、少し太目の「ころ」と細目の「さえだ」の2種類のかりんとうを販売されています。それを缶入りか缶なしかで購入可能です。今回は缶入りのさえだを購入。袋から取り出しました。食べたことある人なら、この赤い缶を見るだけでテンションあがりますよ。 ちなみに缶入りでも缶にダイレクトに入っているわけではなく、袋に入っているかりんとうを自分で入れる感じです。 せっかくなので入れてみました。いやー、美しい! 中身だけの写真がこちら。さえだはこんな感じで少し細長いんです。砂糖でコーティングされた姿、美しいですよね。味も過度な甘さの無い、どちらかというとあっさり系で、手が止まらない美味しさ。本当に大好き。
中には地図も同封されていました。差し入れ等で使われる人が多いからでしょうか。場所は1902年創業 資生堂パーラーさんの裏手辺りですね。

たちばなさん、デパート等の出店もされず、通販も行っていないため、買うためには銀座の店舗にお伺いする以外方法がありません。そんなやや手に入りづらい状況にも関わらず世間の評価が高いのは、やっぱりこの味のとりこになっている方が多いのでしょうね。今後もこの味を守り続けてもらいたいです。

——- たちばな 基本情報———-
〇創業年  1909年創業 / 明治42年創業
〇営業時間
[月~金] 11:00~19:00
[土] 11:00~17:00
※日曜 定休日
〇住所
東京都中央区銀座8-7-19 江安ビル 1F
(食べログ)⇒ たちばな – 新橋/和菓子 [食べログ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です