煉羊羹発祥の店 総本家駿河屋で元祖ようかんを / 和歌山 和歌山市 1461年創業 (寛正2年)

日本最大の半島 紀伊半島の西側に位置する和歌山県。徳川御三家の領地でもあったこの地を代表する老舗和菓子店にお伺いしました。

1461年創業、煉羊羹の元祖の店として知られる老舗和菓子店 総本家駿河屋

和歌山市駅から徒歩で10分ほど、和歌山バス 本町2丁目から徒歩3分ほどの場所にあるのが、総本家駿河屋さん。創業は1461年(寛政2年)と、室町時代創業の老舗中の老舗といってよいお店です。

創業時は鶴屋と名乗り、現在の京都市伏見区にお店を構えられていました。和歌山に店舗を移されるきっかけとなったのは、紀州徳川家の祖となる、徳川頼宣氏によるもの。頼宣氏が駿河(現、静岡県)に転封になった際に随伴し、さらに紀伊(現、和歌山県)に転封されるとまた随伴し紀伊に店舗を構え、その後は紀州藩の御用菓子司となったそうです。

鶴屋さんが、駿河屋という名になったのは、紀州徳川家 綱吉氏の娘で鶴姫ご結婚がきっかけ。駿河という名前は徳川綱教氏から賜った説もあれば、居住地の「駿河町」から付けたの、「駿河」から移転してきたことから等様々な説がありますが、詳しくは分からないようです。

という駿河屋さん、大きなニュースになったためご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、2014年に破産をされております。その辺りは下部に記載しますが、2015年に営業再開され、19年5月現在は9か所で営業されるまでに至っています。

長くなりましたが、こちらが本店の外観。かなり大きな店舗で圧倒されます。 店舗正面から。いやー、ほんと大きい!
店舗内の写真を撮り忘れましたが、50種類程度のお菓子を製造販売されているので、かなり沢山のお菓子がありました(が、バブル崩壊前は500品目近くあったそうなので、これでも減っているそうです)。

そんな沢山のお菓子の中で、駿河屋さんといえば元祖として知られる煉羊羹です。1589年(天正17年)に豊臣秀吉に献上したことが記録に残っており、明治時代には 第一回パリ万国博覧会に出品し金賞も受賞している、歴史と格式のある羊羹なんです。

という羊羹ですが、1本買うと分けづらいので今回はひとくち羊羹を買ってきました。パッケージがカワイイ!
もうちょっと別角度から。煉羊羹・小倉羊羹・栗羊羹でそれぞれパッケージの色が違う感じです。 ということで練羊羹がこちら。この少しオレンジがかった色が本当に奇麗。がつんと甘みが来るので、渋めのお茶が合いますね。この甘み、お菓子食べてる感があって凄くいい。 ちなみにちょっと珍しい羊羹シリーズも販売されていました。ブルーベリー、キャラメル、ゆずチョコの3種類。ブルーベリー、ゆずチョコは個人的そこまでヒットせず、でしたが、キャラメルはすっごく美味しかったです。甘みと苦みのバランスが素敵でしたよ(中身の写真は撮り忘れ…)。

駿河屋さん、上部にも記載しましたが倒産を乗り越えて、という歴史があるので軽く触れておきます。詳しく知りたい方はwikipediaを読んで頂くのが良いのですが、バブル期に積極展開するもバブル崩壊後に赤字転落。その後架空増資事件等もあり上場廃止、スポンサー探し難航等苦難の道を歩まれます。
ですが、和歌山で再開を望む署名運動であったり、「老舗ブランドって何? 駿河屋問題をみんなで考えよう」というシンポジウムが開催されたり(このシンポジウムは以前ご紹介した1862年創業の諏訪園のご主人も参加されています。こちらの記事で内容をご確認頂けます)と、復活を望む声があり、破綻の翌年の2015年に2月に京都伏見店を営業再開、3月に総本舗として和歌山市の本店を営業再開されました。
困難な歴史を歩んでも残った元祖煉羊羹、和歌山訪問の際には是非食べてみてください。

——- 総本家駿河屋 基本情報———-
〇創業年  1461年創業 / 寛正2年創業
〇営業時間
9:00~18:00
※無休
〇住所
和歌山県和歌山市駿河町12
(公式サイト)⇒ 和菓子の総本家駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です