水たき発祥の店 水月の、元祖水炊きの味にやられる / 福岡 博多中央区 1905年創業 (明治38年)

古くは続日本書紀に登場し、貿易の拠点として発展した博多。江戸時代には黒田氏によって福岡藩として治められたこの地にも、多くの老舗が残っています。

1905年創業、西洋料理と中華料理から水炊きを生み出した 水月

博多駅からタクシーで10分程度、西鉄平尾駅から徒歩10分程度の場所にある 水月。1905年(明治38年)に、長崎生まれの林田平三郎氏によって創業されました。平三郎氏は15歳で単身香港にわたり、西洋料理と中華料理の調理法を学んだそうです。そんな中で、西洋料理「コンソメ」と中華料理「鶏を炊き込む」から発想を得て、帰国後に生み出したのが博多名物水炊きとなります。そんな背景があるなんて、調べた今知りましたw

こちらが水月さんの外観。かなりの大箱です。

玄関のアップの図。良い店過ぎて緊張するパターンですねw。

店舗右にあった看板。元祖博多水炊きの雑誌掲載記事がありました。いやー、楽しみ!!

こちらがメニュー。元祖水たきで様々なコースがあります。今回はフルコースをチョイス。

まずは小鉢系が出てきます。既に美味そうw

こちら、とり皮酢。いやん、最高。

南蛮漬けっぽい鳥。有無を言わせず美味い。

胡麻豆腐的なもの。水たきへの期待値がグングン上がってきますね。

と前菜系を食べていたところ、具材系が入場。

同時に鳥も煮られ始めます。

スープを頂きます。鳥の旨みが染み渡る超美味しいスープ。これリッターぐらい飲めるねw。

鶏肉を取り分けて頂きました。世の中にこんな美味い鶏があるのか、と思わされる味。
さらに鶏。泣けるほど美味い。大好き!!!

間に出てくるチキングラタン。美味しいけれど、水炊きの感動で、記憶が薄れがちw。

グラタンの後に更にもう1鶏肉。あぁ、水炊きを生み出した創業者に感謝したい。 そしておじや。旨みがギュッとしててほんと最高に美味い。デザートにプリン。美味い鶏肉になるはずだった卵を使っているので、もちろん美味い。

子供のころ、鶏肉ってそんな美味しく食べた記憶がなく、どちらかというと「ぱさぱさした肉」のイメージが強いのですよね。最近美味しい鶏肉も増えてきたから、かなり印象変わりましたが、それでも牛や豚と比較するとなぁ、ってイメージが私の中にありまして。
そんなイメージを毎回塗り替えてくれるのが博多の水たきで、前回の1910年創業の新三浦さんもそうですし、今回の水月さんも鶏肉の美味しさを思い知らされます。肌寒い季節になるたびに、博多に飛び立ちたくなってしまいます。またきっと行く。

———水たき発祥の店 水月 基本情報———-
〇創業年 1905年創業 / 明治38年創業
〇営業時間
・17:00-22:00 (LO 20:30)
※平日の月曜日 定休日 (祝日は営業)
〇住所
福岡県福岡市中央区平尾3-16-14
(公式サイト)⇒水たき発祥の店 水月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です