松翁軒で元祖カステラと、桃カステラを食べる / 長崎 長崎市 1681年創業 (天和元年)

江戸時代、鎖国をしていた日本の唯一の外国への窓口であった長崎。明治維新後も、開国港の一つとして西洋文化の受け入れ口であり続けました。そんな長崎に残る老舗にお伺いしました。

1681年創業、元祖カステラをうたう長崎カステラの老舗 松翁軒

長崎駅から車で5分強、徒歩で15分ほどの場所にある 松翁軒。長崎発のカステラやさんには、俗にいう長崎三大カステラと呼ばれる、1900年創業の文明堂総本店さん、1624年創業の福砂屋さん、そして今回ご紹介する1681年創業(天和元年)創業の松翁軒さんです。前2社と比較すると全国的な知名度は低いかと思うのですが、その理由は松翁軒さんは全国展開を行っていないから。今も長崎と福岡でのみ販売を行っていらっしゃいます。

という松翁軒さんの入り口には「カステラ元祖」の石碑があります。

こちらが店舗入り口。歴史を感じさせる外観ですが、どこか洋風。流石カステラのお店ですね。

中に入りました。カステラがずらっと並んでいます。チョコ入りや、抹茶入りも美味しそうだなぁ。

詰め合わせのセットも販売されていました。どれも美味しそう!!!

店舗限定品も発見。五三焼、という高級ライン!

どれにしようか、と悩んでいたら、お茶付きで試食を提供頂けました。甘さこってりで美味しい!老舗のカステラ、最高だよね。

色々悩んだ挙句購入したのは、予約限定商品の桃カステラ。店舗で予約し、自宅へ送って頂きました。

要予約・要冷蔵の中々入手ハードル高めのお菓子です。

ででーん、こちらが桃カステラです。桃の形のカステラの上に、アイシングした砂糖をまぶして桃の見た目を作ったお菓子。凄い桃感!

見づらいですが、断面図。カステラとアイシングの砂糖のおかげでコッテリ甘い!

桃カステラにはパンフレットも封入されていました。

長崎ではお祝い事の際に、こちらの桃カステラを贈答品として利用されるそう。私は知人からその習慣を聞き、食べたいなあと思い今回注文したのでした。

桃カステラは、お宮参り、初節句、御出産に、とあります。こういうお祝い菓子の習慣素敵ですよね!

松翁軒さん、名前だけは存じ上げていたのですが、店舗が長崎・福岡にしかないため、ずっと食べることが出来ずにおりました。本店にお伺いし食べたカステラは最高に美味しかったですし、別途注文した桃カステラも可愛いし美味しいし最高でした。地元に残り続け、そこでしか食べられない味を伝え続ける、そんな老舗も素敵ですよね。

———松翁軒 基本情報———-
〇創業年 1681年創業 / 天和元年創業
〇営業時間
・AM9:00~PM8:00 (2F喫茶店はAM11:00~PM7:00)
※定休日なし
〇住所
長崎県長崎市魚の町3-19
(公式ページ)⇒松翁軒 創業天和元年・カステラ元祖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です