ピーア軒で正しい洋食を食べる / 新潟 新潟市 1923年創業 (大正12年)

古くから港町として栄え、開港5港の1つでもある新潟。日本海側最大の都市である新潟市には、数多くの老舗が残っています。開港5港である、横浜、神戸、長崎、函館、新潟、それぞれ形は違えど、開港当時に始まった洋食文化が街に根付いています。

1923年創業、新潟洋食の歴史の1ページを飾るピーア軒

JR新潟駅から5分ほどの場所にある白山駅。白山駅から歩いてさらに5分ほどの場所にあるのがピーア軒。創業は1923年(大正12年)で、イタリアの洋食文化の元祖と知られるイタリア軒で修行された方がスタートしたお店です。

こちら店舗の看板。街中の喧騒からやや離れた場所にありました。

お店の入り口には、ピーア軒の創業ストーリーの説明が。先代はイタリア軒で13年修行、その後東京・上野の精養軒で2年就業、そして1923年にピーア軒を立ち上げられました。
ピーアとはイタリア語で梨の意味で、ピーア軒創業者の実家が梨商であったことから着いたあだ名から付けられたそうです。

店舗内でも様々な形で歴史を伝えられています。私はこういうのを読むと、より一層味が美味しく感じられるタイプの人間です。

そろそろ本題でこちらがメニュー。ステーキ、シチューといったど定番洋食から、トンカツや刺身、そして新潟の郷土食のっぺまで、あらゆる世代が楽しめるラインナップです。
ピーア軒さんといえばタンシチューが有名だそうで、タンシチューを頼もうかと思ったのですが、同じ値段でタンシチューとビーフシチューの両方が食べられるWシチューセットを発見し、そちらをオーダーしました。

まずはスープとサラダ。スープは角のない優しい味で、ニッポンの洋食感が出ててとても美味しかった。

そして待ちにまったWシチュー。柔らかさが最高で、そうそうこういうキチンと作られた洋食を食べたかったんだ、って思いました。実直で優しくて美味しい感じの。

締めに紅茶を頂いて終了。程よい量の締めに頂くのにピッタリでした。

ピーア軒さんは、新潟の洋食の歴史に名を残すレストランだけあり、味も接客もとても素敵で、近くにあるなら、ちょっとしたおもてなしシーンで使いたいなぁ、と思えるお店でした。
ピーア軒さんがステキだったので、そのルーツであるイタリア軒さんへも伺いたい気持ちがむくむくわいてきました。次の新潟滞在はイタリア軒さん行かないとだな。

——-ピーア軒 基本情報———-
〇創業年 大正12年 / 1923年創業
〇営業時間
11:00~13:30(L.O.13:00)
17:00~22:00(L.O.20:30)
※日曜・祝日・年末年始 定休日
〇住所
新潟県新潟市中央区白山浦1-631-4
(公式サイト)⇒タンシチューで有名な新潟老舗洋食店ピーア軒 | 大正12年創業以来、新潟の老舗洋食屋として変わらぬ味のタンシチューやグラタン、カレーライスを味わえるお店です。現在では新潟の海の幸を使った和食も合わせてお楽しみ頂けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です