小野原本店の”からすみ”を使ったカラスミパスタが最高でした / 長崎 長崎市 1859年創業 (安政6年)

江戸時代、鎖国をしていた日本の唯一の外国への窓口であった長崎。明治維新後も、開国港の一つとして西洋文化の受け入れ口であり続けました。そんな長崎に残る老舗にお伺いしました。

1859年創業、佐賀出身の小野原甚右衛門氏によって創業された海産物商 小野原本店

長崎駅から車で5分強、徒歩で15分ほどの場所、長崎の台所と呼ばれる築町にある 小野原本店。1859年(安政6年)に、小野原甚右衛門氏によって漁業と、海産物を扱う店舗として創業されました。2代目の善蔵氏の時代に海産物商一本に絞られたそうです。現在は、日本三大珍味の一つ、長崎からすみを中心にご商売をされていらっしゃいます。

こちらが店舗外観。防火対策が取られているこちらの店舗は、原爆による焼失を免れた歴史ある建物です。商家建築国登録有形文化財にも登録されています。店舗の中に入りました。からすみがズラリと並んでいます。た、食べたい…(からすみ、好きなんです)。どの”からすみ”を買おうか、なんて悩んでいたら、からすみパスタオイルセット、というパスタ用の美味しそうなやつを発見!ということで、今回はこちらを購入。

購入したセットがこちら。パスタオイルと”からすみそぼろ”が入っています。オイルでパスタを和え、このそぼろを上にかけます。このそぼろが最高で!
ということで作りました、からすみパスタ。調理はいつも通り、渋谷のFoodist Linkのタイガシェフに作ってもらっています。からすみ感満載で超美味い。これは幸せになれる食べ物ですねw。

小野原本店さんのパンフレットも入っていました。今も手作りにこだわり、良い素材を風と太陽の自然環境のみで作られています。あの豊潤さはこの丁寧な作業から生まれるのですね。

からすみ、かなり好きな食べ物なのですが、専門店に伺うのも、自分で買うのも初めてでした。初めての購入は、「いきなりカラスミ買ってよいのかしら」と悩み、オイルセットにしてみたのですが、からすみ初心者にはちょうど良いセットだったのかもしれません。こうやってからすみ初心者に向けて間口の広い商品開発をされる小野原本店さん、素晴らしいですね。からすみ、また食べたいなぁ…。

———小野原本店 基本情報———-
〇創業年 1859年創業 / 安政6年創業
〇営業時間
・9:00~19:00
※定休日なし
〇住所
長崎県長崎市築町3-23
(公式ページ)⇒長崎からすみ – 安政6年創業 小野原本店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です