岡山木村屋 ・キムラヤの酒種あんぱん / 岡山 岡山市 1919年創業 (大正8年)

岡山県最大の都市である県庁所在地 岡山市。古くから岡山藩池田氏の城下町として栄え、中国・四国・関西の交通の要所である岡山市には何軒もの老舗が軒を連ねています。

1919年銀座木村屋から暖簾分けで創業した 岡山木村屋

岡山電気軌道 新西大寺町筋駅から徒歩1分、岡山駅からでは20分強の場所にある岡山木村屋 表町本店。1919年(大正8年)に、銀座木村屋で修行した梶谷忠二が、現在本店のある表町三丁目に店舗をオープンし、岡山木村屋の歴史がスタートしました。

こちらが店舗外観。岡山木村屋さんは黄色が目印です。

銀座の木村屋さんといえば、イースト菌を使わず酒種を使ってパンを発酵させ、あんぱんを作り出したお店です。その伝統は岡山木村屋さんにも引き継がれており、同じ酒種あんぱんを販売されているんです。
こちらが酒種あんぱんです。真ん中に桜の塩漬けが入っているところまでおんなじです。 半分に割った図。大好きなあの味がします。木村屋のあんぱんって、なんでこんなに美味しいんだろう。冒頭に書いた通り、岡山木村屋さんは銀座木村屋さんの暖簾分け店舗ですが、本家の銀座木村屋さん以上に、岡山木村屋さんは販売箇所をお持ちなんです。その数、直営店・専売店を含めて約100か所!(銀座木村屋さんは約30箇所)。

岡山木村屋さんがそれだけ受け入れられたのは、酒種あんぱんだけでなく、様々な商品を開発され、岡山の定番パンの地位を確立されているからなんです。今回は酒種あんぱんのご紹介となりましたが、スネーキやクリームパン、ドイツコッペ等々、沢山の名物パンがあります。それに加えて年間50種類以上の新作パンを発売と、常に新しいチャレンジも続けていらっしゃいます。そんな努力が、この地に定着し広がった理由なのでしょうね。

———岡山木村屋 基本情報———-
〇創業年 大正8年創業 / 1919年創業
〇営業時間
6:00~20:00
※1月1日 定休日
〇住所
岡山県岡山市北区表町3-15-6
(公式サイト)⇒ 岡山木村屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です