東京 銀座 木村屋 本店(1869年創業)

人通りで賑わう華やかな銀座の中心地。レコードや楽器の老舗山野楽器の隣に佇むビルが銀座木村屋本店です。

銀座木村屋は1869年創業。
こちらは日本で初めてイースト菌ではなく酒の酵母が原料のパン生地を作ったと言われています。
明治時代には天皇皇族にも献上されたこともあるほどの老舗の名店。

12087220_859484727506560_4043620938372926296_o

創業当時、パンを楽しむ文化は浸透しておらず、一部の人達の間だけで楽しまれているものでした。
それを一般の人達にも広く遍く親しんでもらうべく、木村安兵衛氏、英三郎氏が酒種発酵種をヒントに日本人の嗜好に合わせた酒の酵母が原料の生地を作ったのだそうです。
今の形のあんぱんになるまで5年の月日がかかったそうです。ある意味、西洋由来であるパンに日本古来のあんこが融合した和洋折衷の画期的な食べ物でした。
その後もジャムパンなどのアレンジされたパンを開発しながら、今では当たり前のあんぱんをはじめとした様々な菓子パンを世に広めたと言われています。

現在の木村屋本店は階層によってジャンルが区分けされたビル。
今回は2階のカフェであんぱんセットをいただきます。

12095024_859484944173205_2209744221618792439_o
表面はしっかりこんがりと焼き上げられたあんぱん。口の中に頬張ると懐かしさすら上げてきます。
かわいらしいサイズ。小さいながらも餡庫と一緒に歴史と伝統が詰まっています。
あんぱんセットのお供は緑茶。あんぱんだと牛乳もよく合いそうですよね。こちらの組み合わせもノスタルジックが全開です。

IMG_9037

1階のベーカリーコーナーでは、国内外の観光客でも賑わっています。
あんぱんをはじめ、クリームパン等の菓子パンやおみやげセットも用意されています。
銀座の中心地にあるとは思えないような、静かで贅沢な時間が流れる空間。
あんぱんを楽しむのはもちろんですが、この銀座の中心地との強いコントラストを生むタイムレスな空間を楽しむのも格別です。
ご馳走様でした。

———-木村屋 本店 基本情報———-
・創業年
・1869年(明治2年)
・営業時間
・1F ベーカリー:10:00~21:00
・2F カフェ:10:00~21:00/LO20:30
・3F グリル:10:30~21:00/LO20:30
・4F レストラン:ランチ11:00~15:00/LO14:30 ディナー17:00~21:00/LO20:00
定休日 無休(大晦日、元旦を除く)
・住所
・東京都中央区銀座4-5-7

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です