野田岩で食べるウナギは、何だか優しい味がした / 東京 東麻布 寛政年間創業 (1789-1801年)

東京を代表する高級住宅地である麻布。大正期に花街や演芸場ができ、東京を代表する盛り場として発展を遂げました。今回はそんな麻布にある老舗鰻店にお伺いしました。

寛政年間創業(1789-1801年)、パリにも出店する老舗ウナギ店 野田岩

赤羽橋駅、神谷町駅のどちらからも徒歩8分程度の場所にある 野田岩。寛政年間(1789年-1801年)に、現在の場所 東麻布(旧飯倉4丁目)にて創業されました。ワインとウナギを合わせたり、パリに出店したりと、老舗ながら先進的な取り組みをされているお店です。

という野田岩の本店の外観がこちら。飛騨高山の古民家を移築したというこだわりの店舗です。 もう少し正面から。重厚感あって、歴史の重みを感じますね。お店に入りました。本館がいっぱいだったので、お隣の新館の2Fのお席です。
野田岩さんといえば、天然うなぎへのこだわりでも知られるお店。4月-12月の期間は天然ウナギを提供、と箸袋に書かれていました。現在のご主人が五代目なので、五代目野田岩と名乗られています。

ちょっと見づらいですが、コースはこんな感じ。今回は志ら焼(白焼き)と、茶わん蒸し、鰻重が付いている豪華なコースをチョイス。

まずはお通し。煮凝りとそら豆です。 煮凝りのアップ。ウナギの脂がプリプリしていて美味い!

そして、志ら焼(白焼き)。ワサビを付けて食べるとほんと最高!

そして茶碗蒸し。ウナギとフカヒレ入りの豪華なやつ。 そして鰻重がやってきます。 じゃじゃーん、鰻重です。カリッと感が残る、ほんのりと甘さが感じられる絶品のウナギ。なんというか優しい味がする。最高か。

野田岩さん、支店にはお伺いしたことはあったのですが、本店は初でした。ウナギの美味しさは色々ありますが、優しさを感じるウナギは珍しく、ちょっと感動してしまいました。この鰻は、間違いなく美味い。

———野田岩本店 基本情報———-
〇創業年 寛政年間創業 (1789-1801年)
〇営業時間
・午前11時~午後13時30分 (最終入店時間)
・午後17時~午後20時 (最終入店時間)
※毎週日曜日、年末年始、お盆期間、7・8月の土用丑の日 定休日
〇住所
東京都港区東麻布1-5-4
(公式サイト)⇒芝 麻布 飯倉 野田岩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です