博多座併設、仁伊島総本店で蕎麦&丼ランチ! / 福岡 博多区 1911年創業 (明治44年)

福岡市は、那珂川を境に、福岡藩黒田氏の武家町“福岡”と古来からの国際貿易港・商人町の“博多”として永らく栄えてきましたが、明治初年に統合され福岡(当初は福博)となりました。博多地区は今や大企業支社が集積するビジネス街となっています。博多の語源については、“土地博く人・物産多し”説・羽形(大鳥が羽を広げた地形)説・泊潟(外洋船停泊の潟)説等の諸説があります。福岡県庁・警察本部が置かれ、JR博多駅・博多港・福岡空港を擁する交通の中枢で、キャナルシティ博多・博多リバレイン(博多座他)の複合商業施設や、博多おくんち・博多祇園山笠で知られる櫛田神社等の名所も多く、那珂川の中州である日本有数の歓楽街“中洲”・長浜等の多数の屋台でも知られています。この博多地区にも老舗の飲食店・和洋菓子店・食品店などが数多く残っています。

1911年創業、博多の地で100年以上蕎麦屋を続けている 仁伊島総本店

中洲川端駅から徒歩3分ほど、博多座のビル内にある 仁伊島総本店。1911年(明治44年)創業の同店は、博多で蕎麦を提供し続けて100年以上の歴史を持つ店舗です。似た名前で、仁伊島総本店さんより2年前に創業した、1909年創業の中州仁伊島さんが中州にもあるので、同じ系列のお店が分家したということでしょうか(中州仁伊島さんの歴史ページによると、新島仁吉さんが立ち上げたお店とのこと。お名前から仁伊島となったように思えます)。

という仁伊島総本店さんの外観はこちら。博多座の1Fに入っている店舗なんです。 看板にはこんなメニューが。せっかくならお昼のサービスセットかな。 今回は冷たいお蕎麦のサービスセット800円をオーダー。丼は日替わりだそうですが、私が伺った日は天とじ丼でした。こちら天とじ丼のアップ。卵が特徴的に甘くって美味い。 こちらがお蕎麦、ぶっかけスタイルで提供。そば汁も東京と比較すると甘みが強いかな。甘いそば汁も好きだなぁ。

オープン直後にランチにお伺いしたのですが、次々とお客さんをさばいていく人気店でした。様子を観察すると、オフィス利用もあれば、博多座及び近くに遊びに来たお客さん、そのどちらもやってくるお店の様でした。博多の中心地で、この値段・この味だったら、納得感ありますものね。お酒も充実しているようなので、夜に来るのも楽しそうですね。

———蕎麦・天ぷら 仁伊島総本店 基本情報———-
〇創業年 1911年創業 / 明治44年創業
〇営業時間
・11:00 〜 17:00
・18:00以降は 予約のみ
※日、元旦 定休日
〇住所
福岡県福岡市博多区下川端2-1 博多座1階
(公式サイト)⇒お酒も飲める 博多のそば屋 仁伊島総本店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です