鰻 駒形 前川で、墨田川を眺めながら鰻を / 東京 浅草 文政年間創業 (1818-1831年)

人形町に並ぶ老舗の聖地 浅草。庶民の味方から老舗中の老舗まで幅広いチョイスがあります。久々の浅草は、浅草を代表する老舗「鰻 駒形 前川」さんに伺いました。

文政年間創業、約200年の歴史を持つ 鰻 駒形 前川

浅草を流れる墨田川沿いに、鰻の名店と名高い 鰻 駒形 前川はあります。文政年間(1818-1831年)創業と約200年の歴史を持つ前川は、元々川魚問屋から始まり、初代勇右衛門さんが鰻料理屋へと転じられたそうです。大川(墨田川)をのぞむことから、「前川」と名付けられたそうです(前川さんの歴史ページからの抜粋となります)。現在の場所へは、関東大震災後の都市計画によって移られました。

ちょっと斜めからのお店カット。看板のフォントがかっこいい。

少し正面から。風情、ありますよねぇ。

こちらがお品書き。結構なお値段ですが、名店だから仕方ない。

今回はうな重をオーダーしました。やってくるまで少し時間があるので、お店においてあったパンフレットを手に取ります。

中はお品書きでした。今回はうな重でしたが、天然鰻の蒲焼もいつか食べてみたい(怖くて値段が聞けませんでした…)。

もちろん歴史についてもパンフレットの中に書かれています。前川の由来、そして美味しさについて。

少し窓から離れた席だったので、ゆったりと墨田川を眺める、といった形にはならなかったのですが、素敵な風景楽しめました。

やってきました、うな重。前川さんのうな重は、美味しい前に美しいな、といつも思います。芸術品を自称するだけありますね。

少しより目のカット。焼目が本当に美しい…。

肝吸いもついでにアップ。アップ目でもあまりおいしさは伝わらないかもですけれどw。

前川さんはお値段がお値段だけに気軽にお伺い出来ないのですが、天気の良い日に、大切な、でも肩ひじ張らなくて良い人と来ると、雰囲気含めてとっても楽しめます。天気の良い日に墨田川を眺めながら食べる、芸術品のうな重。美味しくないわけがありませんよね。

———鰻 駒形 前川 基本情報———-
〇創業年 文政年間創業 (1818-1831年創業)
〇営業時間
11:30~21:00(L.O.20:30)
※定休日 年中無休
〇住所
東京都台東区駒形2-1-29
(公式サイト)⇒ 鰻 駒形 前川|創業200年老舗うなぎ料理専門店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です