津田清風堂でもみじ饅頭 / 広島 宮島 1908年創業 (明治41年)

広島 宮島ツアーでは、もみじ饅頭屋さんを集中的に回りました。昔から観光地として知られるだけあり、沢山の100年超え老舗がある場所です。今回は津田清風堂さんへお伺いしました。

1908年創業、宮島 島内にある津田清風堂

揚げもみじで有名な紅葉堂さんの本店からフェリー乗り場へと向かう途中、歴史を感じさせながらも、日常に溶け込んでいる老舗が、津田清風堂さんです。堂々たる老舗というよりは、誰もが愛せる身近な老舗です。

猫も覗ける親しみやすさ。暑い季節はソフトクリームやかき氷も販売されています。

津田清風堂さんのことは調べてもあまり出てきません。ウェブサイトのメッセージもとてもシンプル。

創業明治41年 三代続いた老舗のもみじ饅頭屋です

昔ながらのこしあんのもみじ饅頭を作り続けています。    お茶を飲みながら焼きたてのもみじ饅頭を食べてみんさい   美味しいよ。

休憩所でお茶でも飲みながらが本当は良かったのですが、この日東京戻りの飛行機に乗る必要があったので、泣く泣くお土産の購入にしました。可愛いパッケージに詰めてもらえます。

王道の漉し餡の姿がこちら。昔ながらのスポンジっぽい生地にこしあん、です。

パッケージから出してみた、の図。まあ普通なんですけれどw。

中に入れて頂いた小さなパンフレットには、もみじ饅頭の由来が解説されています。伊藤博文の「もみじのようなかわいい手を焼いて食べたら美味しかろう」というジョークから生まれた、という通説です。今ならとんだパワハラ野郎ですねw。

ちなみにパンフレット表面。有所正しさ感しかない。

津田清風堂さんは、ここが凄い、というよりも、どこにでもあるものをきちんと作ってくれることって、とても価値のある事なんだ、と再認識をさせてもらえるお店です。こういう老舗が元気に商売をされているというのが素敵ですね。

———津田清風堂 基本情報———-
〇創業年 明治41年創業 / 1908年創業
〇営業時間
10:00~17:30
※定不定休
〇住所
広島県佐伯郡宮島町536-1
(公式サイト)⇒ 津田清風堂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です