金米堂の塩栗蒸しようかん / 神奈川 横浜 1892年創業 (明治25年)

約150年前に開港した横浜。早くから新しい文化が入ってきたこの街には、様々な老舗が今も営業しています。今回は和菓子屋さんの金米堂本店へ伺いました。

1892年創業、石川町駅そばの和菓子屋 金米堂本店

石川町駅から歩いて数分の中村川沿いに、明治25年創業の和菓子屋さん金米堂本店さんがあります。この地石川町で創業され、今は幅広い和菓子を扱っていらっしゃいます(楽天ショップのラインナップを見るとわかりやすいですね)。

こちらが店舗外観。小さなお店に、和菓子が所狭しと並べられています。

こちらがディスプレーの様子。伺う時間が遅かったので、売り切れ商品も沢山ありました。

購入したのは、金米堂さんの名物の一つ、バターどら焼き。

こんな感じでどら焼きの間にバターが挟まっています。名古屋人が大好きな小倉トーストを高級にしたような味がします。

そしてもう一つの名物が、塩栗蒸しようかん。竹笹のようなものに包まれています。

わじまの海塩や、美味しいお水で作っています、というシールが貼ってありました。冷蔵庫で冷やすと美味しい、は、購入した時にも念押しされました。

こちらがオープンした絵。デカいw。言い付けを守ってしっかり冷やしたら、塩味と甘味のバランスが面白い昔ながらの上品な和菓子になっていました。これ、本当に美味しいよ。

金米堂本店さんは、本当に多くの和菓子を出されているのですが、今回は主要2商品しか試すことが出来ませんでした。もう少し名物を試してみたいので、機会があれば金米堂本店の楽天ショップでお取り寄せしてみようと思います。

 

——-金米堂本店 基本情報———-
〇創業年 明治25年創業 / 1892年創業
〇営業時間
08:30~20:00
※無休
〇住所
神奈川県横浜市中区石川町2-60
(公式サイト)⇒ 金米堂本店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です