河口湖近くにある金多留満(きんだるま)の富士山が見える羊羹 / 山梨 河口湖 1911年創業 (明治44年)

古くは奈良時代から開発がすすめられた河口湖周辺。世界文化遺産に登録をされている河口湖は、今も昔も富士信仰の拠点として栄えてきました。そんな河口湖周辺にも老舗が点在しています。

1911年創業、富士山をモチーフにした沢山の和菓子を販売する 金多留満(きんだるま)

河口湖ICから車で5分程度、河口湖と富士山の間の河口湖寄りにある和菓子店 金多留満(きんだるま)。1911年(明治44年)に、富士吉田市にて創業された同店は、現在山梨県内に3店の和菓子店と、蕎麦屋さんを運営されています。屋号は1番(金)のだるまになりたい、という意味を持ち、「金が多く満ように留まっていく」という意味を込め、「金多留満」という漢字を当てたそうです。

という金多留満さんの外観はこちら。看板に貫禄がありますね。

中に入ると、様々なお菓子が並んでいました。金多留満さんは富士山をモチーフにしたお菓子が沢山あるのですが、こちらの”富士の錦”は羊羹の中に富士山が見える棹菓子。カッコいいですよね。

もう少し寄りカット。カッコよいし美味しそう!

今回は2品購入しました。1つ目は”かねたまる餅”。

開けると説明書きが。「お金がたまりますように」との思いを込めたお菓子とのこと。 こんな感じのお菓子。きな粉を付けた求肥の中に、餡子が入ったお菓子です。鉄板の組み合わせで美味しい。 もう一つ購入したのが”鯉不二羊羹”。片岡鶴太郎さんがデザインしたお菓子だそう。

こんな感じの富士山が見える棹菓子です。 切り分けた図。絵画のような色合いの富士山が奇麗!

金多留満さんの富士山モチーフのお菓子は、複数あるうえ、季節限定も沢山あって、どのシーズンに伺っても楽しめそうです。河口湖にはちょくちょく伺うので、シーズン分コンプリートしたいなぁ。見た目でも味でも楽しめる御菓子、素敵ですよね。

———富士菓匠 金多留満 基本情報———-
〇創業年 1911年創業 / 明治44年創業
〇営業時間
・夏季( 4~9月)  9:00~19:00
・秋季(10~3月) 9:00~18:00
※年中無休
〇住所
山梨県南都留郡富士河口湖町船津7407
(公式サイト)⇒富士菓匠 金多留満(きんだるま)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です