多くの今半のルーツである今半本店 / 東京 浅草 1895年創業 (明治28年)

高級店から大衆店、甘味・軽食・ディナーまで何でも老舗で揃えられる街、浅草。浅草からスタートし、日本を代表するすき焼きの老舗と知られることになった名店に伺いました。

1895年創業、多くの今半のルーツである今半本店

浅草駅から5分強の場所にある今半本店。今や日本の大都市に点在する今半系のお店ですが、ルーツにあたるのが、こちらの今半本店で、1895年(明治28年)に創業しました。

今半本店からは最初に暖簾分けされたのが、今半別館で、1921年に開業。ついで昭和3年に浅草今半さん、そして昭和31年に人形町今半さんが、さらにその後に代々木今半さんが開業しています。人形町今半さんが最も店舗が多く、福岡・名古屋・横浜でも営業されています。
(それぞれの今半は別法人として運営されています)

こちらが今半本店の外観。格調高い感じ、というよりも、親しみのある昔ながらな印象です。

お店の外にお品書きが書かれています。すき焼き、という事を考えれば決して高過ぎない価格かと。案外庶民派です(が、カード利用不可なのでお気を付け下さい)。

今回は上すき焼き2人前をオーダーしました。いやー、良い肉ですね。

卓上にガスコンロが置かれており、そちらにマッチで火を付けます。なんか昔ながら感あって良いですよね。

ザクとお肉両方一緒に煮はじめるタイプでした(最初にお肉だけで一口分づつ作ってからザクと、が老舗の中には多いです)。

卵にドーン。雰囲気含めて最高に美味しい。

今半本店さんは、別館の後に伺ったので、どんな凄いお店なんだろう、とドキドキしてたのですが、別館さんと比べて庶民派な印象で落ち着いて食べられました。味は好みの問題ですが、本店か別館のどちらかをと聞かれれば、しいて言えば両方です、と答えるぐらい両店共に美味しいです。
味より雰囲気で、庶民派なら本店、少し畏まってなら別館、という使い分けが良いかもしれません。どちらも最高ですよ。

———今半本店 基本情報———-
〇創業年 明治28年 / 1895年創業
〇営業時間
11:30~20:30 (LO 20:00)
平日は3-4時 休憩時間
※基本火曜定休日
〇住所
東京都台東区浅草1-19-7
(公式サイト)⇒すき焼き 今半本店

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です