愛媛といえばの一六タルトは知ってるタルトと形が違う / 愛媛 松山 1883年創業 (明治16年)

愛媛県中部で県庁所在地の松山市は、四国地方最大の都市。徳川家康に味方した豊臣秀吉子飼衆の加藤嘉明が伊予国正木城(現・伊予郡松前町)から伊予国温泉郡(現・松山市)の領主となり、松山と命名して伊予松山藩を立藩し、松山城を築いて城下町を整備しました。姫だるま・日本三大産地の竹細工等の伝統工芸品や温州蜜柑・伊予柑・葡萄(ニューピオーネ)・長茄子・蚕豆等の農産物が特産です。油揚げ(松山揚げ)・松山鮓(もぶり飯)・蛸飯・鯛飯・鍋焼きうどん等の郷土料理やタルト・薄墨羊羹・坊ちゃん団子・醤油餅・労研饅頭・日切焼等の銘菓も多く、市内には老舗の飲食店・和洋菓子店・食品店が点在しています。

1883年創業、愛媛を代表するお菓子一六タルトの製造・販売を行う 一六本舗

鷹ノ子駅から車で12分ほど、松山駅から車で30分ほどの場所にある 一六本舗 本社。1883年(明治16年)に、玉置貞次郎・ムラ夫妻によって創業された和菓子店です。一六という特徴的なお名前は、創業年の明治16年に由来しています。

一六本舗さんといえば、一六タルトが有名ですが、タルトといってもフルーツがクッキー状のお皿に乗ったケーキ状のものではなく、ロールケーキのような見た目をしています。一六タルト及び松山近辺でタルトと呼ばれているお菓子は、1600年代半ばに、松山藩主・松平定行が長崎で南蛮菓子に接し、その味と製法を持ち帰ったことで生まれたお菓子。元々はカステラの中にジャムが入ったお菓子だったそうですよ(今はカステラに餡子が入っています)。

という一六タルトはお取り寄せしました。定番のゆず味です。 こちらがタルトの見た目。ゆず味のあんこが爽やかで美味い。しかしあれですね、知っているタルトとはだいぶ見た目が違う。今回は食べやすさ重視でカットされたものを買っていますが、ロールケーキ状の一本巻きがスタンダードのようです。

購入したセットには瀬戸内レモンを使った一六タルトも入っていました。こちらも程よい酸味がちょうどよくって美味い!

一緒にお仕事した愛媛県人の人に、「愛媛といえばタルトですよ」と言われ、いつか訪問して食べようと思っていましたが、待ちきれずお取り寄せをすることとなりました。頼んだ時点では、「一般的タルトとは違う」ぐらいしかインプットされていなかったのですが、まさかこんなに違うものだとは…。お菓子の世界も広くて楽しいですね!

↓楽天で購入できます。こちらは柚子・あまおう苺・桜の3種類入り。あまおう苺の食べてみたいなぁ。

 

——- 一六本舗 基本情報———-
〇創業年 1883年創業 / 明治16年創業
〇営業時間
・本社のため割愛
〇住所
愛媛県松山市東方町甲1076番地1
(公式サイト)⇒ 株式会社一六(一六本舗) | 一六タルト 名菓 お土産 | 愛媛県 松山市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です