東京 湯島 みつばち(1909年創業)

文京区湯島はかつて湯島郷と称され、地名の由来には、江戸時代以前には不忍池(しのばずのいけ、台東区上野公園)が海と繋がっていたらしく海からは島のように見えた等の諸説がありますが真偽は不明です。江戸幕府の学問の府だった湯島聖堂・合格祈願の受験生で賑わう湯島天満宮・春日局墓所の麟祥院等の名所が点在しています。東京医科歯科大学及び付属病院が所在し、近隣の文京区本郷には順天堂大学及び付属医院や東京大学医学部付属病院がある、医療機器・器具等の会社の集積地。湯島天満宮周辺や台東区上野方面への春日通り沿い一帯は飲食店街・歓楽街で、老舗の飲食店・和菓子店も残っています。

1909年創業、元祖小倉アイス みつばし

1909年(明治42年)から続く和菓子の老舗。前身は氷商だったそうです。
懐かしさが漂う落ち着いた店内。ちなみにこちらのお店はオーダーとお支払いを先に済ませるスタイルです。

IMG_9875
風の強い冷え込む夜だったこともあり、芯から温まるぜんざいをオーダー。ぜんざいやおしるこ、こういうお店に来ないと早々召し上がる機会がないですよね。
洋菓子とは違う素材の甘さ、大豆やきびの穀物由来の甘味がたまりません。きび餅も使用されているそうですが、和菓子屋さんのぜんざいできび餅を使っているお店はけっこう少ないそうです。

IMG_9880 (1)
そして名物の小倉アイス。こちらは1915年に発案され、今年で丁度100年。
創業者の嶋田当与さんが1915年、桶に保存していて周りが少し固まった小豆をアイスクリーム製造機に入れてみたことがきっかけだそうです。
その後、小倉アイスの噂は瞬く間に広がり、一気にみつばちの名物となりました。
テーブルには黒蜜が常備されていますので、お好みで黒蜜をかけて召し上がっても良いですね。私はけっこう使わせていただきました。笑
IMG_9883
ここ、上野〜上野広小路〜湯島近辺は他にも老舗が多く、老舗巡りのはしごをしながらこちらに足を運ぶのも良いかもしれません。
小倉アイスや他の和菓子もカウンターで購入できますので、ちょっとした手土産にも喜ばれることでしょう。
ご馳走様でした。

———-みつばち 基本情報———-
・創業年
・1909年(明治42年)
・営業時間
売店10:00~21:00
喫茶10:30~20:00
日曜営業
・住所
・東京都文京区湯島3-38-10 ハニービル 1F

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です