広島海苔株式会社の物凄くウマい牡蠣海苔 / 広島 安芸郡 1885年創業 (明治18年)

中国地方の中心都市である広島県。戦争の被害が大きかった広島市内とその近郊エリアですが、戦前から営業されていた何件ものお店が、今も営業されています。

1885年創業、マルヒャクのりの愛称で知られる広島海苔株式会社

広島駅からバスで30分ほど、もしくはJR安芸中野駅からバスで10分ほどの少し行きづらい場所に、広島海苔株式会社の直売店があります。広島海苔株式会社さん、通称マルヒャクのりさんの商品は、広島のお土産屋さんであれば、簡単に手に入る定番商品なのですが、今回はせっかくですので、直売所にお伺いしたのです。少し遠くて、たどり着けるのか不安になりつつ伺いましたw。

広島海苔株式会社さんは、名前の通り広島で海苔を販売されている会社さんです。1885年 (明治18年)に、大阪天満で「広島の海苔」を販売する海苔問屋としてスタート。このころから丸百という商標で商売をされていたそうです。

「広島の海苔」、と聞いても、もしかしたらあまり印象がないかもしれません。が、実は広島と海苔の歴史はかなり古く、江戸時代まで遡ることができます。江戸時代、海苔は幕府の専売品でした。その時に幕府が生産を認めていたのが、江戸(あさくさ海苔ですね)と広島だったのです。明治時代には水揚げ量日本一にもなった一大生産地です。

そんな広島の海苔の老舗、広島海苔株式会社さんの直売所の外観です。商標であるマルヒャクの名前も大きく掲示されています。

看板も味があります。この看板は古いものなのかな。

話を広島と海苔の話に戻します。江戸時代に栄えた広島の海苔産業ですが、明治に入ってから始まった干潟の干拓、そして昭和に入ってからの湾岸開発によって、広島での海苔養殖は縮小してしまいました(今も県東部では養殖が行われているそうです)。

そんな広島で盛んになったのが、海苔の加工業。海苔の生産が減少する中で、加工業に移られた方もいらっしゃったそうで、今も海苔加工の会社さんが広島には多数あるんです。江戸で海苔の生産が盛んであった大森地区が、海苔生産が終了した後も、海苔問屋さんとして残っているのに少し似ていますね。

少し話が変わりますが、味付け海苔は日本橋にある山本海苔店で開発されたものです。次いで味付け海苔を生み出したのが、海苔加工業者が多かった広島と言われています。そのためか、広島には今も様々なバリエーションの味付け海苔があるんですよ。

味付け海苔の話に触れたところで、本題に戻ります。こちらが広島海苔株式会社さんのディスプレイ。色んな味付け海苔を販売されています。こちらが看板商品の、かき消費味付けのり。名前からわかる通り牡蠣醤油で味がつけられているんです。中身はこんな感じ。まあ海苔なので見た目に違いはないですねw。
この牡蠣醤油海苔、本当に美味しいんです。ただでさえ美味しい味付け海苔が、牡蠣の風味が付くことで、グレードが2段ぐらい上がります。冒頭に書いた通り、今回は広島海苔株式会社さんの直売所に伺いました。このブログのポリシーとして、本店か1号店に行く、をルールにしているため、ちょっと遠くても出かけたのですね。が、かなり行きづらいですし、バスも30分に1本しかないため、お店でタクシーを呼んで頂き移動する、という、ちょっと変な移動になってしまいました。
マルヒャクさんの海苔自体は広島駅でも、広島空港でも何処でも買えるほど一般的です。ですので、よっぽどの用事がない限りは、買いやすいところで買って頂くのが良いと思いますよ。通販でも簡単に買うことも可能です。

 

———広島海苔株式会社 基本情報———-
〇創業年 明治18年 / 1885年創業

※以下は、直売所の情報です※
〇営業時間
9:00~17:30
※土・日・祝 定休日
〇住所
広島県安芸郡海田町国信1-3-54
(公式サイト)⇒広島海苔通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です