乾物の八木長本店の出汁の効いたお煎餅 / 東京 日本橋 1737年創業 (元文2年)

東京駅からほど近い日本橋。この街には昔ながらの老舗が多数ある老舗の聖地の一つ。今回は老舗乾物屋さんの新名物を買いに伺いました。

1737年創業、乾物とそれを活かした商品を販売する 八木長本店

三越前駅を出てすぐの場所にある八木長本店。1737年(元文2年)に伊勢から江戸へやってきた初代の方が、日本橋小舟町にて伊勢長という屋号で始められたお店が起源とのこと。明治時代に現在の場所に移られました。

こちらが店舗外観。一流料亭で出汁をひく際に使われている乾物を多数扱っていらっしゃいます。

今回はかつお節等の乾物ではなく、出汁の味を活かして作られたお煎餅を購入しました。

こちらは八木長かつおせんべい。せんべいにかつお出汁をたっぷりと使われています。

中身はこんな感じ。匂いをお届け出来ないのが残念でならないのですが、匂いからしてもうヤバいんです。こんな止まらないお煎餅初めてかも。

もう一種類出汁煎餅を買いました。こちらは鰹枯節(一般的によく見る鰹節は、荒節と呼ばれる乾燥をさせて作った鰹節。枯節は荒節にカビ付けして更に乾燥・熟成させたものです)と日高昆布で味付けたもの。

これもやばぃぃぃぃ、ぐらい美味しいです。

最初、「出汁で味付けたお煎餅?」って正直思ったんです。お煎餅はお煎餅で、そこまで変わり映えしないものだろう、と。
が、食べて出汁の偉大さが分かりました。この出汁煎餅、本当に美味しいんです。つい、食べ過ぎてしまうぐらいに。
この感動、中々お伝えしづらいのですが、是非食べて欲しい新しい老舗の味です。感動する体験が待っていますよ。

———八木長本店 基本情報———-
〇創業年 元文2年 / 1737年創業
〇営業時間
10:00~18:00
※1月1日・2日 定休日
〇住所
東京都中央区日本橋室町1-7-2
(公式サイト)⇒鰹節・乾物のしにせ / 八木長本店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です