広島駅弁株式会社の、あなご飯弁当 / 広島 広島市 1901年創業 (明治34年)

中国地方の中心都市である広島県。戦争の被害が大きかった広島市ですが、戦前から営業されていた何件ものお店が、今も営業されています。

1901年創業、駅弁から情報をスタートした広島駅弁株式会社

JR広島駅で複数の店舗を経営されている広島駅弁株式会社。創業は1901年(明治34年)で、当時の屋号は「中島改良軒」。広島駅構内で弁当を販売されていた水了軒さんから事業を引き継ぐ形で駅弁事業に参入されました。

広島駅構内で複数店舗経営されていますが、今回は新幹線内の店舗で購入しました。

購入したのは、広島名物「活あなごめし」というお弁当。これ、本当に美味しいんですよ。

こんな感じで穴子がたっぷり。穴子は一度素焼きしてから、たれ付けして再度焼いたもの。ご飯はアナゴ出汁で炊いているんです。

広島駅弁さんには、活あなご飯以外にも、夫婦あなごめし、しゃもじかきめし、といった名物弁当や、カープの選手とコラボしたお弁当(昔は栗原・前田の2人の健太の好きなものを詰め込んだW健太弁当とかありました)などなど、広島を活かしたお弁当をたくさん出されています。最終便近くだと売り切れも多いので、目星のお弁当がある場合は、余裕をある時間に買いに行くことをお勧めします。

———広島駅弁当株式会社 基本情報———-
〇創業年 明治34年 / 1901年創業

※広島駅弁1号店の情報です※
〇営業時間
05:30~22:00
※定休日なし
〇住所
広島県広島市南区 (広島駅構内)
(公式サイト)⇒名物駅弁・各種お弁当・仕出し等、『地産地消』で食卓を応援 ||| ひろしま駅弁 |||

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です