高知銘菓、浜幸の”かんざし”超おいしい! / 高知 高知市 明治・大正にルーツ (菓子店としては1952年から)

高知県の県庁所在地である高知市は、江戸時代には山内一豊以来の山内家が治めた土佐藩の城下町として発展し、初期には野中兼山や末期には吉田東洋などの名家老を、幕末には藩主・山内豊信(容堂)や坂本龍馬・武市半平太・中岡慎太郎等の幕末の志士を、明治には板垣退助・後藤象二郎等の政治家を輩出。地名は、現・高知市の川に挟まれた地の城が、河中山城(こうちやましろ)から高智山城を経て高知城と呼ばれるようななったことが由来とされています。幕末から明治期の志士・政治家等の生誕地・旧宅跡等の観光名所が数多く存在し、全国に波及した毎年8月開催のよさこい祭りは一大イベントとなっています。鰹節・清酒などの特産品や、皿鉢料理・鰹土佐造り・鰹たたき・うつぼ料理・堅干(けんぴ)等の郷土料理・菓子も多く、県内には老舗の飲食店・和洋菓子店・食品店などが多数点在しています。

明治・大正期創業の呉服店にルーツを持つ和菓子店 浜幸

高知駅から徒歩12分ほど、はりまや橋の近くにある 浜幸 はりまや本店。元々は明治・大正期に創業された呉服店だそうですが、1952年(昭和27年)に和菓子店を創業され、今や高知を代表する和菓子店の一つとなっています。

という、浜幸 はりまや本店の外観。土佐銘菓として知られるかんざし推しですね。

横に長い店内に入ると、洋菓子スペース、和菓子スペースと分けて販売されていました。このお菓子の量迷っちゃうね。

入口付近にはかんざしの山が。むかーし一度貰ったことがあるような。 かんざしの飴やジャムも。ジャムめちゃんこ美味しそうだよね。 ということで買ってきました土佐銘菓かんざし。高知県で最も販売されているお菓子なのだそう。名称の由来は、時に日本三大がっかりスポットとも揶揄される(けど、凄く奇麗な場所だよ!)はりまや橋の「純信とお馬の恋物語」に由来します。

かんざしは、アルミ焼きで作られたちょっと珍しいお菓子なんです。 こんな感じでアルミに入っているのですが、マドレーヌっぽい記事をアルミでつづんで焼いているのです。しっとり生地に、フワッと香る柚子が最高に合います。超美味いんだけど、このお菓子! ぼんさんかんざし=純信とお馬の恋物語のお話がパッケージ載っています。こういう心遣いは嬉しいですね。

浜幸さんのかんざし、食べてかすかな記憶が戻ってきました。会社員時代に誰からもらって、感動した記憶がある。当時、かんざしがアルミ焼きで作られていたり、故事に由来するなんて全然わかってなかったけれど、背景まで知って食べた今回は昔より美味しく感じられた気がする。老舗のお菓子は、付随情報含めて美味しく頂けるものだよなぁ、と改めて思ったのでした。

——- 浜幸 基本情報———-
〇創業年 明治・大正にルーツ (菓子店としては1952年/昭和27年から)
〇営業時間
・10:00~20:30
※定休日なし
〇住所
高知県高知市はりまや町1-1-1
(公式サイト)⇒ 高知のお土産、水菓子をお届け致します | お菓子の浜幸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です