「吾輩は猫である」に書かれた羽二重団子 / 東京 日暮里 1819年創業 (文政2年)

荒川区の日暮里は、かつて新堀(にいほり)と呼ばれていました。江戸時代の享保(1716~1736年)頃から“一日中過ごしても飽きない里”の意味で“日暮里(にっぽり、日暮らしの里)”の字が当てられるようになり、1749年(寛延2年)に正式地名となりました。明治~大正に日暮里村から日暮里町となり、今は東日暮里と西日暮里に分かれ、町工場・商店・住宅・寺社等が混在しています。JR日暮里駅(荒川区西日暮里)東側の東日暮里には生地・繊維・服飾関係の様々な店舗が連なる“日暮里繊維街が“日暮里カジュアル・通称ニポカジ”として知られており、駅西側の西日暮里は、昔ながらの商店街・“谷中ぎんざ”や谷中霊園・寺町などが人気の“谷根千地区(台東区の谷中・文京区の根津・千駄木)”の谷中に繋がり、東西両町にも老舗の飲食店・和菓子店が存続しています。

1819年創業、夏目漱石作品に登場する羽二重団子

日暮里駅そばにある羽二重団子。現在本店は改装中ですが、改装中の本店直ぐそばで、HABUTAE1819 羽二重団子 日暮里駅前店はあります。創業は1819年(文政2年)、初代の庄五郎さんが、芋坂に「藤の木茶屋」を開いたことから始まりました。その時に提供した団子が、「羽二重のようだ」と称賛され、そのまま団子の名称となり、商号も「羽二重団子」と呼ばれるようになったそうです。

本店は200周年を記念して2019年春過ぎまで改装中につき、今回は本店より日暮里駅寄りにあるHABUTAE1819 羽二重団子 日暮里駅前店さんへお伺いしました。和モダンな外装です。
購入したのは、もちろん羽二重団子。今回は餡と醤油それぞれ入ったセットを購入しています。 こんな感じ。左の餡の団子は、昔ながらのあまーいお団子で、羽二重と称されたキメの細やかさに感動します。そして右が醤油味の焼き団子。こちらが焼き立てでないにも関わらずふわっふわで、老舗のクオリティに感動しました。 羽二重団子の由来が、簡単にまとめられた紙も封入されていました。この辺りは粋で風雅な住宅街、という印象があったそう。今とは少し異なる街の印象だったのかもしれません(今はどちらかというと下町の印象が近いかと)。 せっかくなのでパンフレットも頂いてきました。ここに書かれている情報を読みながら食べると一層美味しく感じられると、個人的に思っています。 パンフレットには夏目漱石の「吾輩は猫である」の一説に「芋坂へ行って団子を食いましょうか」と出てきます。これが今の羽二重団子さんになります。

漱石だけでなく、正岡子規にも愛されたお店として知られています。子規がいつも注文していたのは、餡団子3本と焼き団子1本で、HABUTAE1819 羽二重団子 日暮里駅前店の和カフェでは、色々なメニューがある中で、子規に因んだこの組み合わせの団子のお茶付きセットも供されています。

羽二重団子さんは、遠目に見たら普通の、何の変哲もないお団子に見えるのですが、よく観察してみると、老舗の技術が随所に感じられるお団子で、触感もふわっふわな超ハイクオリティお団子なんです。今の時代でも圧倒的美味しさを感じる羽二重団子ですが、昔のお菓子が少ない時代であれば、今以上に美味しさが際立っていたのでしょうね。
とにかく美味しいこのお団子、是非一度食べてみてください。

———羽二重団子 基本情報———-
〇創業年 文政2年 / 1819年創業

※本店休業中につき、HABUTAE1819 羽二重団子 日暮里駅前の情報となります。
〇営業時間
10:00〜18:00
※年末年始のみ休み。
〇住所
東京都荒川区東日暮里6-60-6
(公式サイト)⇒羽二重団子 | お歳暮、お中元、お祝いの贈り物に~文政二(1819)年創業 団子、和菓子の老舗“羽二重団子”の直営通販サイトです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です