ランチタイムのみ営業、土手の伊勢屋の天丼という大正義 / 東京 三ノ輪 1889年創業 (明治22年)

台東区北部に位置する三ノ輪エリア。江戸の歓楽街、浅草、そして吉原に近いこの場所にも何軒かの老舗が残っています。

1889年創業、吉原遊郭と共に歴史を歩んだ天ぷら屋 土手の伊勢屋

三ノ輪駅から徒歩10分ほどの場所にある 土手の伊勢屋。1889年(明治22年)に
吉原大門の近くで、初代となる若林儀三郎さんが創業されました。当初は「伊勢屋」という屋号でしたが、店の前に「土手」があったことから、「土手の伊勢屋」と呼ばれるようになったそう。今はランチタイム限定の営業をされている「土手の伊勢屋」さんですが、創業当時は24時間体制で、朝帰りのお客さん、一般のお客さん、夜は吉原勤務のお客さんと賑わっていたそうです。

こちらが店舗外観。関東大震災にて店舗及び土手が崩壊し、その後に建て直したのが現店舗です。2010年に登録有形文化財に認定された、由緒正しき建物なんです。

道路が狭く真正面から撮れなかったので、別角度からも撮りました。奇跡的に行列が空いたタイミングで撮ってますが、通常は物凄く並ぶお店です。

店舗に入りました。こちらがメニュー。天丼は、イ・ロ・ハの3種類あります。今回は豪華にハ2500円をオーダーしました。
どーん、これがハ・2500円の天丼です。穴子、海老、キス、蓮根、などなど物凄いボリューム!土手の伊勢屋さんは、特に穴子の鮮度にこだわっており、専用の水槽が店内にあるそうですよ。

あまりに嬉しくって裏側からのショットも。後ろにどーんと寝そべっているのが穴子です。やばい、写真だけでご飯食べられそうw。

ちなみにお味噌汁付きです。三つ葉が良いアクセントになってます。

土手の伊勢屋さん、かなり知名度の高い老舗だと思うのですが、やや行きづらいエリア(三ノ輪から歩いて10分)かつ、昼のみ(11時~14時半)という条件に阻まれて、伺うことが出来ていませんでした。
「もっと早く知りたかった!」が食べた第一印象で、ちょっとお高い価格ではあるものの、納得感のある味とボリュームで、再訪を心に決めました。また行きたい。

——- 土手の伊勢屋 基本情報———-
〇創業年 1889年創業 / 明治22年創業
〇営業時間
午前11時〜午後2時30分
※水曜日・第四火曜日 定休日
〇住所
東京都台東区日本堤1-9-2
(公式サイト)⇒ 土手の伊勢屋(どてのいせや) | 三ノ輪で128年続く老舗天麩羅屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です