馬力をつけるの語源、東京名物 桜なべを中江で / 東京 日本堤・三ノ輪 1905年創業 (明治38年)

江戸時代には隅田川から分かれる山谷堀が掘削(昭和後期に埋立)され、土手(日本堤、昭和初年に取崩)が築かれていた台東区日本堤。『あしたのジョー』の舞台となった泪橋があることで知られています。かつて山谷堀沿いは、昭和中期まで現在の台東区千束にあった遊郭(新吉原)への遊興客で賑わい、今もその名残もあって何軒かの老舗の飲食店が残っており人気を博しています。

1905年創業、現在の桜鍋の形を作った 中江

三ノ輪駅から徒歩10分ほど、吉原大門のバス停の目の前にある 桜なべ 中江。1905年(明治38年)に、中江祖太郎氏によって創業された、馬肉のお鍋・桜なべの専門店です。桜なべは、中江さんのある吉原近辺で産まれた東京の郷土料理とも言える料理で、吉原遊廓のお客さんに滋養強壮に良いと愛された料理です。スタミナがつく料理を食べることを「馬力をつける」と言いますが、その語源が吉原の桜鍋=馬肉を食べることに由来しているのだとか。そんな吉原には二十軒以上の桜なべのお店があったそうですが、現在は中江さん1店しか残っていません。

という、中江さんの外観。創業当時の建物は、1923年の関東大震災で倒壊してしまったそうですが、その翌年に再建され東京空襲を逃れ今もその当時の建物が残されています。国の有形文化財にも指定されていますよ。

せっかくなので逆サイドからも。道が細いので正面から写真が撮りづらいのですw。

暖簾をアップで。土手とあるのは創業当時、土手があったから。中江さんのお隣は、1889年創業の土手の伊勢屋さんです。

登録有形文化財の看板もかかっていましたよ。

最近は出前館でのデリバリーや、テイクアウトも出来るそう。近くの人が羨ましい!

ということで中に入りました。席に着くと、桜鍋の楽しみ方が書かれた紙が置かれていました。初めての人に優しいですね。

メニューにはちゃんと歴史の説明も。こういうの嬉しいなぁ。

桜鍋の単品メニューはこんな感じです。ロースだと1470円と物凄くリーズナブル!他にもステーキやササミ焼きといった気になるメニューも。メニュー豊富で迷った時は、コースを頼むのが良いですよね。どのコースも馬刺し、ステーキ、桜なべがついてます。最高か。

ちなみに季節メニューもありました。松茸も一緒に食べられるとか天国か。

迷った末に今回は定番コースに。まずは先付けから出てきます。

そして馬刺し。これがまた、もう、ほんと、最高!もう今日の優勝が確定したと感じるスタートです。

そして馬肉の握り。馬肉は酢飯にも超合うのですね。めちゃうめぇ。

シーザーサラダにも馬肉が。3年分ぐらいの馬肉食べてる気分になりますね。 そしてステーキ。馬肉をステーキにしてもねぇ、とか疑ってました。美味い肉はステーキにするとより美味い!

そして桜なべ用の馬肉が入場です。いやー、きめ細やかで美味そう!

ザクはこんな感じです。

第一弾が煮られています。グツグツ…。

肉が煮えた姿がこちら。ひゃー、最高に美味しい!桜なべといえば、味噌で煮るのが一般的ですが、そのスタイルを作ったのが中江さんの創業者である中江祖太郎氏。中江さんは今に残る桜なべスタイルの元祖店でもあるのです。
桜なべといえば、ですが、終盤戦に卵を入れるんです。卵を入れて煮込んでどうするかというと…、

Yes!ご飯にオンして食べます。これがまた本当に最高で。世界一うまいご飯に乗っける汁物の可能性あります、これ。
ほとんど変わらないカットをもう一枚どうぞ。それだけテンション高かったと捉えてくださいw。

デザートはアイスで。流石に馬肉ではありませんでしたw。
って、注釈が必要なぐらい全部馬肉でした、最高っす。

中江さん、噂通り本当に最高でした。馬力もついた気がしますw。桜なべという東京の郷土料理が産まれた場所で食べる桜なべ、ロケーション含めて楽しめました。定期的に食べに行きたいなぁ。

——- 桜なべ中江 基本情報———-
〇創業年 1905年創業 / 明治38年創業
〇営業時間
・平日
11:30~14:00(L.O.13:30)
17:00~22:00(L.O.21:30)
・土・日・祝
11:30~21:00(L.O.20:30)
※月曜日 定休日
〇住所
東京都台東区日本堤1-9-2
(公式サイト)⇒ 桜なべの味と歴史を継いで110年 桜なべ中江オフィシャルWEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です