あじろ亭で、東海地方限定洋食 ミヤベヤと、高等ライスを食べる / 岐阜 岐阜市 1907年創業 (明治40年)

織田信長が命名したされる岐阜(諸説あり)。斎藤道三、織田信長が城を構え、江戸時代には幕府直轄領として栄えた岐阜市にも、沢山の老舗が残っています。

1907年創業、東海地方の一部レストランでしか食べられないないミヤベヤを提供する あじろ亭

岐阜駅からクルマで10分ほど、伊奈波神社に向かう参道沿いにある あじろ亭。1907年(明治40年)に創業された洋食店です。あじろ亭さんは、その味もさることながら、とある食べ物で知られています。それがタイトルにも書いた「ミヤベヤ」です。ミヤベヤ、名古屋生まれの私も知りませんでしたが、東海地方に点在して生き残っている食べ物なんです。

と、前段が長くなりましたがこちらが あじろ亭さんの外観。オシャレな西洋風の建物でした。
こちらが正面。玄関も立派ですね。 中に入りました。こちらがメニュー表。洋食屋さんですのでエビフライや、ハンバーグ、カレー、オムライス等揃っています。 テーブルの上には小さなPOPがあり、そちらでアピールされていたのが、こちらの「チキンミヤベヤ」。ミヤベヤのチキン入り、だから、チキンミヤベヤ、です。
POPの裏側は高等ライス。こちらのメニューも気になるなぁ。で、ミヤベヤとは何なのか、というお話ですが、朝日新聞に取材された時の記事が載っていました(ウェブでもこちらから読めます)。記事によるとミヤベヤは、愛知県武豊町の「享楽亭」、名古屋の「勝利亭」、三重県津市の「中津軒」、そして今回伺った岐阜市の「あじろ亭」さんの4店舗のみで継承されているメニューなんだそう。
料理的には、鶏肉と玉ねぎを炒め、ケチャップ・デミグラスソースで味付けし、最後に玉子を落とす、という料理のよう。

と、説明しても分かりづらいと思うのでオーダーしたチキンミヤベヤをどうぞ。こんな感じで鶏肉と玉ねぎの上に、どーんと目玉焼きが乗っています。ちなみにこの料理起源が分からないそうですが、前述の記事では「マイヤベーア風皿焼き卵」がルーツではないか、とのこと。
ルーツは分かりませんが、美味しかったです。で、こちらが高等ライス。「高等ライスってなんですか?」って質問をしたところ、「高等なカレーで」と、返事が。高等=高級の意味で、当時高級であった目玉焼きをカレーの上に乗せたもの、だそう。ミヤベヤと玉子かぶりしましたが、美味しいから問題なしw。

ミヤベヤも、高等カレーもとっても美味しかった”あじろ亭”さんですが、後継者不足のため一時閉店をされ、今はランチのみを提供される形式となっています。こんな美味しいお店が無くなってしまうかも、と思うと悲しい気持ちになりますが、我々に出来ることは食べに行くことだと思うので、お近くの方は是非行ってみてください。ミヤベヤが食べられる貴重な1店ですしね。ミヤベヤ4店制覇も、早くしたいなぁ。

——–あじろ亭 基本情報———-
〇創業年 1907年創業 / 明治40年創業
〇営業時間
11:30~14:00
※金曜日 定休日
〇住所
岐阜県岐阜市伊奈波通1-65
(食べログ)⇒ あじろ亭 (アジロテイ) – 岐阜市その他/洋食 [食べログ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です