魚久の京粕漬けランチ最高 / 人形町 大正三年創業

粕漬けが大好きです。特に魚久のが。そんな魚久が、ランチを提供していると知り、早速行ってきました。

魚久は老舗の聖地日本橋にある

老舗訪問活動をし始めて気が付きましたが、老舗の聖地といえば日本橋だな、と思っています。隣のお店も100年越えてまして、があるのです。そんな一角に魚久もあります。

一階で物品販売、二階がレストラン、という作り。

こちらがランチメニュー。今回は銀ダラと鮭をオーダーしました。

まずは銀ダラ。

そして鮭。

どちらを食べても幸せしか感じない…。そのまんま焼くよりも旨みが凝縮されていると感じるし、脂の乗りも凄いですよね、粕漬け。

魚久の歴史は鮮魚商から始まった

そんな魚久さん、どんな歴史を歩んだお店なのだろう、と気になり、ウェブを調べてみたら、公式サイトできちんとご説明されていました。流石老舗。

このページに詳しいです。
⇒ 魚久の歴史 | 魚久のこと | 京粕漬魚久

ざっくりとポイントを抜き出すと、

大正三年~

多くの従業員に支えられ
栄えた高級鮮魚商「魚久商店」

大正十三年~

魚久二代目 廣田年尾の活躍と
名女将 廣田トメとの出会い

昭和十五年~

魚久の京粕漬が誕生した
「江戸風割烹魚久」開店

昭和四十年~

常連客の評判から生まれた
粕漬け専門店「京粕漬魚久」

という感じで、京粕漬としての歴史は、約80年、専門店となってからは50年強、といった歴史だそうです。

そもそも粕漬けって何だろう?

歴史を調べていって次に知りたくなったのは、そもそも粕漬けってどんな食べ物であるか、です。もちろん酒かすで作っているは知っていますが、何のために、が良くわからずで。
それもまた、魚久さんのページできちんと説明されていました。

このページです
⇒ 粕漬けとは | はじめての方へ | 魚久のこと | 京粕漬魚久

ポイントを抜粋すると、

・もともと保存食としてスタート
・平安時代の文献にも記録が残る伝統的な食べ方
・酒粕から旨みがうつり、魚の臭みをとっている、がおいしさのポイント、だそう。

粕漬けは、お酒を絞った後にできる「酒粕」に魚や野菜を漬けた保存食です。平安時代の文献である延喜式にも記載があり、古くから日本にある伝統的な食べ物です

酒粕からアスパラギン酸※1やグルタミン酸※2などのうま味が魚にうつり、ほのかな酒の風味が魚の臭みを取って、味をいっそう引き立てます。

他にも健康増進にも役に立つ成分が入っている等、詳しい説明があるので、粕漬けファンは魚久さんの粕漬け説明ページを一度目を通されると良いかと思います。

ちょっとサイドストーリーが長い魚久編となりましたが、今度は夜コースで食べてみたいです。粕漬け以外もおいしそうなんですよねぇ。

———-魚久基本情報———-
・創業年 大正3年 / 1914年
・営業時間
あじみせ(ランチ)
月~金曜日
11:00〜14:00(ラストオーダー13:30)
定休日
土・日曜日祝日・年末年始(12/29~1/3)
会席・しゃぶしゃぶ・寿司
月~金曜日
17:00〜22:00
会席
20:30ラストオーダー
その他のお料理
21:00ラストオーダー
定休日
土・日曜日祝日・年末年始(12/29~1/4)
・住所 〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町 1-1-20

(公式サイト)
京粕漬魚久

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です